ハイレゾ音源の入手はインターネットのハイレゾ配信サービスを利用するのが基本。ハイレゾ音源を配信しているサイトにもいくつかあるが、現在は「e-onkyo music」と、「mora」が2強といえる状態だ。そしてハイレゾ音源は、大容量HDDなど専用の保存場所を用意したほうが使い勝手がいい。そしてデータの共有がしやすいNASを使うのが便利だ。外付けHDDやNASに直接ダウンロードできる機能も押さえておきたい。

ハイレゾ配信は「e-onkyo music」と「mora」が2強

ハイレゾ音源の入手はインターネットのハイレゾ配信サービスを利用するのが基本。ハイレゾ音源を配信しているサイトにもいくつかあるが、現在は「e-onkyo music」と、「mora」が2強といえる状態になっている。

「e-onkyo music」は日本のハイレゾ配信の元祖といえるサイトで、楽曲の充実度はもちろん、MQA音源など、新しい規格のハイレゾ音源の配信も積極的に行っていることが特徴だ。「mora」は、ハイレゾ楽曲だけでなく圧縮音源の配信も行っており、膨大な楽曲が用意されている。

その他のハイレゾ配信サイトとしては、高音質なDSD音源でのストリーミングサービスとなるが、「PrimeSeat」も要注目。有名オーケストラのライブなどを続々と配信中だ。有料サービスだが、無料で聴ける曲もあるので、興味のある人はぜひ登録してみよう。

ソニー運営の総合音楽配信サービス
mora

画像: ハイレゾ音源と圧縮音源の両方を配信している。ハイレゾ音源はFLAC形式が中心だが、DSD音源もある。 http://mora.jp/

ハイレゾ音源と圧縮音源の両方を配信している。ハイレゾ音源はFLAC形式が中心だが、DSD音源もある。
http://mora.jp/

唯一のDSDストリーミング
PrimeSeat

画像: DSD音源で世界中のコンサートやライブをストリーミング配信。曲はクラシック音楽が中心。 https://primeseat.net/ja/

DSD音源で世界中のコンサートやライブをストリーミング配信。曲はクラシック音楽が中心。
https://primeseat.net/ja/

ハイレゾ音源を管理するならオーディオ用のNASが便利

ハイレゾ音源はデータ容量が大きいので、大容量HDDなど、専用の保存場所を用意したほうが使い勝手がいい。パソコンの内蔵HDDでも容量は十分だが、ネットワークプレーヤーやスマホなどでもハイレゾ再生を行いたいなら、データの共有がしやすいNASを使うのが便利だ。

NASは汎用の製品でもハイレゾ音源の保存などに使えるが、ハイレゾ音源や音楽ファイルの保存に特化したオーディオ用NASも登場している。これらは、パソコンやネットワークプレーヤーで使いやすいようにあらかじめ設定済みで、買ってきてすぐに使えることが特徴。また、静音性に優れたファンレス設計の採用など、音質に配慮した作りになっていることもありがたい。

高価な製品も多いが、アイ・オー・データのSoundgenicは安価で機能も充実している。珍しいところでは、USBオーディオ出力が可能なので、USB DACを組み合わせて、パソコンなしでハイレゾ再生できる点が挙げられる。再生操作も、スマホ用アプリを使って手軽に行えるので、オーディオプレーヤー的に使うこともできるのだ。こうしたモデルを使えば、ハイレゾ音源の保存や管理はもちろん、音楽再生も快適に楽しめるはずだ。

■機能が充実したオーディオ用NAS

アイ・オー・データ
Soundgenic HDL-RA2HF
実売価格例:3万1200円

画像: 2TバイトのHDDを内蔵したNAS。上級ブランドである「fidata」の機能を継承し、使いやすいモデル。あらかじめオーディオ再生用の設定が済んでいるうえ、自動ダウンロード機能やUSBオーディオ出力など、多彩な機能が盛り込まれている。大容量かつ多機能ながら比較的廉価。

2TバイトのHDDを内蔵したNAS。上級ブランドである「fidata」の機能を継承し、使いやすいモデル。あらかじめオーディオ再生用の設定が済んでいるうえ、自動ダウンロード機能やUSBオーディオ出力など、多彩な機能が盛り込まれている。大容量かつ多機能ながら比較的廉価。

外付けHDDやNASに直接ダウンロードできる機能が便利!

ハイレゾ音源の配信は、ダウンロード販売のサービスであることが多いが、ハイレゾ音源ファイルは容量が大きいこともあり、ダウンロードにはけっこう時間がかかる。無線LANで通信状態が不安定だと、ダウンロードが途中で失敗することもあるなどのトラブルも起こりがちだ。

そこで、購入した楽曲のダウンロードを自動で行える機能が登場した。楽曲を購入すると、あらかじめ設定した機器やNASに自動的にダウンロードしてくれるので、外出先でも気軽に購入できるし、スケジュールを設定して、定期的に新しい曲をダウンロードすることも可能だ。

最近では、オーディオ用途を意識したNASや、HDDを内蔵するプレーヤーなどもこのダウンロード機能に対応してきており、より使いやすくなってきている。ハイレゾの楽曲をたくさん買うのでダウンロードがけっこう手間だという人は、今すぐ試してみよう。

■「e-onkyo music」での設定方法

1

画像: サポートページにある「ご利用ガイド」の「ダウンローダーを利用する」の画面に移動する。

サポートページにある「ご利用ガイド」の「ダウンローダーを利用する」の画面に移動する。

2

画像: 「e-onkyo downloader」をダウンロードし、パソコンにインストールする。

「e-onkyo downloader」をダウンロードし、パソコンにインストールする。

3

画像: 設定画面で、ダウンロード先となるHDDやNASを指定。これで自動ダウンロードが行える。

設定画面で、ダウンロード先となるHDDやNASを指定。これで自動ダウンロードが行える。

解説/鳥居一豊(AVライター)

※価格は記事制作時のものです。

This article is a sponsored article by
''.