【カセットのデジタル化の方法】必要な機器は?CD化・スマホで聴くための手順は?

暮らし・生活・ペット

マイベスト版のカセットや、深夜ラジオを録音したカセットなど、思い出深いカセットは、傷んで聴けなくなってしまう前に、デジタル化しておこう。デジタル化してパソコンやクラウドなどに保存すれば、消失の心配がなくなるし、パソコンやスマホなどでいつでも聴くことができる。その方法は、デジタル録音対応のカセットデッキやラジカセなど、機種により、デジタルデータを保存するメディアや、保存するデジタルデータの形式が異なる。

CDに保存する場合はWAV形式になる

自分の好きな曲だけを集めた、マイベスト版のカセットや、深夜ラジオを録音したカセットなど、思い出深いカセットは、傷んで聴けなくなってしまう前に、デジタル化しておこう。デジタル化してパソコンやクラウドなどに保存すれば、消失の心配がなくなるし、パソコンやスマホなどでいつでも聴くことができる。

デジタル化で必要となるのは、デジタル録音対応のカセットデッキやラジカセなど、機種により、デジタルデータを保存するメディアや、保存するデジタルデータの形式が異なる。CD-Rに保存する機種なら、PCM(WAV)でのデジタル化となり、そのままCD化される。多くの機種が採用しているのはSDカードやUSBメモリーへの保存機能で、その場合のデータ形式はMP3が多い。パソコンにつなぐUSBが装備されている機種では、パソコンにアプリをインストールしてデジタル録音を行う。たいていの場合、カセット機器に同梱しているパソコン用アプリか、推奨アプリをダウンロードして使用する。パソコンでデジタル録音した場合、CD化したりスマホへ転送したりと、かなり自由に音楽データを扱うことができる。

●バックアップできるメディアの種類

デジタル対応カセットの機種が、どのメディアに対応しているかで、保存メディアが決まる。

クラウドにアップしておくのがおすすめ

元がレコードにしろ、カセットにしろ、デジタル化した音楽データは、インターネット上のファイル保存サービス、いわゆる「クラウドストレージ」に保存することができる。音楽ファイルの場合、Googleの「Google Play Music」のライブラリー機能を使うと、無料で5万曲まで保存することができる。アップロードの方法は、Windowsパソコンを使い、ウエブブラウザーの「Google Chrome」のプラグイン「Chrome版 Google Play Music」を使うか、Windows用アプリ「Music Manager」を使えばいい。

アップロードした楽曲データは、パソコンのブラウザーで「Google Play Music」のサイトの「ライブラリ」にアクセスするか、スマホの「Play Music」アプリの「ライブラリ」を使うことで、いつでもどこでも聴くことができる。

●パソコンからクラウドに保存

パソコンのブラウザーで「Google Play Music」にアクセスし、「音楽のアップロード」をクリックし、あとは指示に従えばいい。プラグインやアプリのインストールが必要となる。

●スマホでアクセスして聴く

スマホの「Play Music」アプリを使えば、「Google Playミュージック」にアップロードした音楽をいつでも聴くことができる。もちろん、端末にダウンロードすることもできる。

カセットからSDカードにダイレクト録音

●使用機器 東芝・TY-AK1

パソコンなどを使うことなく、単体でSDカードとUSBメモリーにCD、ラジオ、カセットなどの音源をデジタル録音できる。ファイル形式はMP3/192Kbps。録音する各メディアごとに、専用の録音ボタンが用意されているのでわかりやすい。

東芝
ラジオカセットレコーダー
TY-AK1
▼SDカードやUSBメモリーへ保存した、192kHz/24bitまでのハイレゾ音源ファイル(FLAC、WAV)を手軽に再生▼カセットテープやCD、ラジオなど、多彩な音源をハイレゾ相当の音質に拡張する『アップコンバート機能』(Amazon)

1
録音先となるメディアを選択する

セレクトボタンで「SD/USB/LINE」ボタンを押して、録音メディアを選択。

2
SDカードスロットにカードを挿入

選択したメディア(ここではSDカード)をスロットに挿入する。

3
再生ソースを選択する

カセット音源をデジタル化するので、再生ソースを「TAPE」にする。

4
カセットを入れる

リーダーテープを巻き取って、録音準備ができたカセットを入れる。

5
録音スタート

「SD」の録音ボタンを押せば、自動的にカセットが再生され、録音が開始される。

カセットからパソコンにダイレクト録音

●使用機器 ION AUDIO・TapeExpress

USB(mini USB)を装備し、パソコンに接続してWAVファイル録音ができる、ポータブルカセットプレーヤー。Windows用、Mac用のデジタル録音アプリ「EZ Vinyl/Tape Converter」が付属する。

ION AUDIO
TapeExpress PLUS
▼Cassette Player and Tape-to-Digital Converter with USB & 1/8 Out(Amazon)

1
カセットを入れる

録音ソースとなるカセットを入れる。電源は乾電池のほか、USB給電にも対応。

2
USBケーブルでパソコンに接続

mini USBケーブル(本機に付属)を使って、パソコンと接続する。

3
カセットを再生する

パソコンで録音アプリを起動し、レベル調整を行ったあとにカセットを再生する。

4
録音を開始

アプリの「record」をクリックして録音を開始。終わったら「next」をクリック。

5
ファイルを保存する

録音が終了したら「Open Save Location」をクリックする。

解説/福多利夫(フリーライター)

暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース