【カメラストラップの付け方】ほどけにくいプロの技「ニコン巻き」「プロ留め」を伝授!

文具・ホビー・カメラ

一眼カメラの首掛けストラップは、ひものと押し方を少しでも間違えると、抜けやすくなり、大事なカメラを落下させる原因にもなる。取り扱い説明書をみて、確実に取り付けてほしい。ここでは、報道などのプロもつかう技「プロ留め」(「ニコン巻き」「報道結び」などという呼び方もある)といわれる取り付け方を紹介する。

一眼カメラには、必ず首掛けストラップが付属している。このストラップは、取扱説明書をよく見て、確実に、しっかり取り付けよう。
やり方は簡単なのだが、ひもの通し方を少しでも間違えると、抜けやすくなり、カメラを地面あるいは床に落下させる原因にもなる。

ストラップの留め方には、カメラの取扱説明書にあるオーソドックスな方法のほか、下の図のような「プロ留め」と呼ばれるものもある。通常の取り付け方と違い、(2)~(4)でストラップの末端をひもとひもの間に入れてしまうのが特徴で、末端がブラブラせず、ほどけにくいのが最大のメリットだ。

解説/吉村 永(カメラマン)

文具・ホビー・カメラ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース