エクスプローラーには、よく使うフォルダーやファイルを自動登録してくれる「クイックアクセス」機能が備わっている。目的のデータに素早くアクセスできるので作業の効率化に役立つが、半面、自分以外のユーザーに見られると、著しくプライバシーを損なうおそれがある。そんな困った事態を未然に防ぐには、「クイックアクセスを無効化」するのが最善。その方法手順を紹介する。

「クイックアクセス」に見られたくない履歴が表示される!

クイックアクセスを非表示にできる

エクスプローラーには、よく使うフォルダーやファイルを自動登録してくれる「クイックアクセス」機能が備わっている。目的のデータに素早くアクセスできるので作業の効率化に役立つが、半面、自分以外のユーザーに見られると、著しくプライバシーを損なうおそれがある。

そんな困った事態を未然に防ぐには、クイックアクセスを無効化するのが最善。クイックアクセスの設定を変更するには、まずエクスプローラー上部のリボンから「表示」タブを選択。次に、ツールアイコンから「オプション」を選ぶと「フォルダーオプション」が起動する。ここで「全般」タブにあるプライバシーのチェックボックスをすべて外したうえで、念のため「エクスプローラーの履歴を消去する」も実行しておこう。これでエクスプローラーにクイックアクセスが表示されなくなる。

クイックアクセスを無効化しよう

画像: クイックアクセスを非表示にしたい場合は、まずエクスプローラーのリボンから「表示」タブの「オプション」を選択。

クイックアクセスを非表示にしたい場合は、まずエクスプローラーのリボンから「表示」タブの「オプション」を選択。

画像: 「フォルダーオプション」にある「全般」タブの「プライバシー」項目をすべてオフにして、履歴も削除する。

「フォルダーオプション」にある「全般」タブの「プライバシー」項目をすべてオフにして、履歴も削除する。

画像: プライバシーをオフにすると、クイックアクセスへの自動登録が解除されるとともに、「最近使用したファイル」にもファイルが表示されないようになる。

プライバシーをオフにすると、クイックアクセスへの自動登録が解除されるとともに、「最近使用したファイル」にもファイルが表示されないようになる。

解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.