「外国の家電メーカーって性能的にどうなの?」「中国や韓国、台湾の家電って信用できる?」ーーこれは、よく聞かれる話です。質問する人の中には、日本の方が進んでいて、中国や韓国、台湾といったアジアのメーカーはそれから遅れている、と言って欲しい人もいるようですが、実際はちょっと違います。わかりやすい典型例が「中国ハイセンス」の4K液晶テレビ・A6800です。

中国ハイセンスの4K液晶テレビはお買い得

ぶっちゃけ、中国で使われている製品をそのまま日本市場に投入しても、ほとんど売れません。それは、日本市場と中国市場で、品質要求に歴然とした差があるからです。

欧米を含む海外メーカーが日本市場を目指すとき、目的の一つに「技術(品質)磨き」があります。著名な欧米系のメーカーにそう言わせるほど、日本の消費者は、当然のように厳しい要求を出します。
日本メーカーの家電は、そう言う消費者のいる市場で磨かれてきました。メーカーも高品質に力を注ぎました。このため、日本メーカーの「見た目」「使い勝手」の様な、アナログ系の品質は、ずば抜けています。

しかし、それはあくまでも日本市場での話です。世界での平均的な要求は、それよりかなり低いです。
例えば、冷蔵庫。日本の場合、内部に継ぎ目がないのが当たり前です。継ぎ目があると拭きにくい、ゴミが溜まりやすい、非衛生的だと考えるのが日本です。しかし、多くのエリアでは、それよりもっと根本的な「安く」「冷えればよい」という品質で受け入れられているのです。それほど要求品質が異なる訳です。

この差が、海外製品、特にアジアエリア向けの家電に、日本人が満足しない理由です。これを打破するため、アジアの家電メーカーは、日本製品は別に企画し、上市する(市場に出す)ことを始めています。

典型例が「中国ハイセンス」の4K液晶テレビ、A6800です。
マニア向けではない一般人向けの4Kテレビです。日本は画質にこだわるとして、画質を最終的に決め込む画像エンジンは、傘下に収めた「東芝」が請け負っています。それ以外のパーツは、デジタルですから規格モノ。これを安く作るのは、大得意です。

画像: 中国ハイセンスの4K液晶テレビ A6800 www.amazon.co.jp

中国ハイセンスの4K液晶テレビ A6800

www.amazon.co.jp

この「高性能な画像エンジン」と「規格モノのパーツ」を融合した4Kテレビは、日本人の多くが満足できる画質の4Kテレビで、しかも地上波用、BS用、CS用の各チューナーがそれぞれ3個づつ、計9個も持っています。これなら録画も自在です。

しかもサイズは、43V、50V。日本メーカーが進めて来た「最先端=高画質=大画面」の公式をハズし、部屋で邪魔になり難い実用的なサイズに絞ってあります。実物をチェックしましたが、満足度の高い製品です。
これなどは、東芝、日本の技術は一部入っているものの、ハイセンスの製品です。お買い得の製品と言えます。それは日本市場を十分考慮して作ったからです。

冷蔵庫、洗濯機、炊飯器はまだ日本のメーカーに一日の長

画像: 韓国Samsung サムスン Galaxy Note9 www.galaxymobile.jp

韓国Samsung サムスン Galaxy Note9

www.galaxymobile.jp

同様に、韓国サムソンのスマホ Galaxyはイイ出来で、Note9は、ノート型PCが不要だと思ってしまうほどのパフォーマンスを見せます。

このように、初めから、世界、日本を狙った製品は、性能もイイので「お買い得」と言えます。これを、海外アジアメーカーの製品だからと言って、チェックもせず毛嫌いするのは、ちょっと了見が狭いようです。

ただ、デジタル化の進んだ黒物家電、アナログ品質の集積のような白物家電では、ちょっと事情が違い、白物家電はまだ日本のメーカーに一日の長がある場合が多いです。

今後は日本も、アメリカの様に、低価格の品質要求が余り高くないものから、海外メーカーが主流になっていく可能性があります。
日本メーカーも昔は「安かろう、悪かろう」の時代があり、それが世界でも尊敬を勝ち取るレベルになりました。その可能性はアジアメーカーにも十分あります。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オ
フィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があ
り、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京散歩とラーメンの食べ歩き。
生活家電.com
http://www.seikatsukaden.com/

This article is a sponsored article by
''.