Windows10ノートパソコンでバッテリー消費に大きな影響を与えるのは「モニターの明るさ」と「CPUの負荷」が挙げられる。CPUの負荷は対処が難しいが、モニターは手動で輝度を変えられる。他、「バッテリー残量に影響を及ぼしているアプリ」を確認して対策をとるといい。

ノートパソコンのバッテリーがすぐになくなる原因は?

バッテリー消費には「モニターの明るさ」と「CPUの負荷」が影響

現在のノートパソコンでバッテリー消費に大きな影響を与える要素としては、モニターの明るさと、CPUの負荷が大きなウェイトを占めている。
モニターは手動で輝度を下げられるが、CPUの負荷は対処が難しい。

バッテリーを長持ちさせる対処法は?

「バッテリー残量に影響を及ぼしているアプリ」を確認

まずは、Windows10の標準機能で「バッテリー残量に影響を及ぼしているアプリ」を確認する。その中で、自分にとって使用頻度が低いのに大きなパーセンテージを占めているアプリがあれば、使用を控えるか、アプリを削除するという対応をとるといいだろう。クラウド系アプリも、ネット利用に伴い、電力消費が大きくなりがちだ。

パソコンのバッテリーは、長期間使用すれば、それなりに経年劣化して、容量が少なくなる。極端にバッテリーがもたなくなった場合は、バッテリーの交換も検討したほうがいいだろう。

「システム」の中の「バッテリー」の項目で設定を行う

画像: 「設定」から「システム」→「バッテリー」の画面で、「バッテリー残量に影響を及ぼしているアプリを表示する」を開く。

「設定」から「システム」→「バッテリー」の画面で、「バッテリー残量に影響を及ぼしているアプリを表示する」を開く。

画像: どのアプリが大きく影響しているかが、パーセンテージで表示される。表示する「期間」をいろいろ変えるなどして、多角的に検討したい。

どのアプリが大きく影響しているかが、パーセンテージで表示される。表示する「期間」をいろいろ変えるなどして、多角的に検討したい。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.