JR各社のシニア割引制度は、最大30%割引、入会金、年会費ともに無料のサービスもあるなど、魅力的な特典が多く、バラエティに富んでいる。JR東日本・北海道の「大人の休日倶楽部」、JR東海の「50+」、JR西日本の「おとなび」、JR四国の「四国エンジョイクラブ」、JR九州の「ハロー!自由時間クラブ」、この5つのサービスの割引率、年会費、特典などを徹底比較してみた。
画像: JR東日本・北海道合同の「大人の休日倶楽部」など、全国のJR各社にはシニア向けの割引制度がある。50歳からの各社独自割引と、65歳からの各社共通「ジパング倶楽部」の2段階となっている。

JR東日本・北海道合同の「大人の休日倶楽部」など、全国のJR各社にはシニア向けの割引制度がある。50歳からの各社独自割引と、65歳からの各社共通「ジパング倶楽部」の2段階となっている。

駅でよく見かけるJRのシニア割引はお得?

最大30%割引など、魅力的な特典が多い

気づけば、若手だと思っていた筆者も50代に突入していた。JRの駅で見かけるシニア割引が適用される年齢になっていたのである。ということで、今回はJR各社のシニア割引制度を比べてみた。

JR東日本と北海道は両者合同で「大人の休日倶楽部」というブランドを持っているが、これが50歳から入会できる「ミドル」と、男性65歳・女性60歳から入会できる「ジパング」の2段階に分割されている。他社も50歳から入会できる独自ブランドと、男性65歳、女性60歳から、または夫婦どちらかが65歳以上で入会できる「ジパング倶楽部」の2段階である。

この「ジパング倶楽部」は全社共通で、JR各社の切符が年間20回まで最大30%割引となる。最大30%割引とは、初年度の3回までが20%割引で、初年度4回目以降は30%割引、継続すると2年目以降は最初から30%割引となる。201キロ以上の利用に限る、年末年始・GW・お盆は適用されないなどの制限はあるが、30%割引はかなり魅力。

例えば、東京から札幌まで、東北新幹線「はやぶさ」と特急「スーパー北斗」を乗り継いで行った場合、通常2万6820円かかるところ、30%割引なら1万9230円となり、7590円も得ということになる。JR東日本・北海道は他社に比べると年会費が若干高いが、対象エリアの広さを考えれば納得できない差ではないし、夫婦で長距離の旅行を1回すれば、年会費をペイできる。

入会金、年会費ともに無料のサービスもある

一方、各社の50歳以上で入会できるブランドの特典は、バラエティに富んでいる。自社内の切符を割り引くというものは、JR東日本・北海道の「大人の休日倶楽部・ミドル」とJR四国の「四国エンジョイクラブ」だが、JR東日本・北海道が一律5%割引なのに対して、JR四国は往復・特急の条件付きながら30%割引と率に差がある。「大人の休日倶楽部・ミドル」は年会費2575円(初年度無料)と、「四国エンジョイクラブ」の年会費1500円より高額なので、お得感は薄いようだ。

JR東海の「50+」とJR西日本「おとなび」、JR九州の「ハロー!自由時間クラブ」は、それぞれの新幹線に対する割引がある。この3社は入会金・年会費無料なので、どれもお得なのだが、早割で山陽新幹線「のぞみ」や特急が30%割引、山陽新幹線「こだま」の60%割引など、宿泊パックなどが付属していない素の切符が割引になるので使い勝手がよさそうだ。さらに、JR九州は「ハロー!自由時間クラブ」とJR九州の「ジパング倶楽部」の両方に入会していると、インターネット予約でJR九州線が30%割引になるという追加特典もある。

50歳以上のシニア割引もジパング倶楽部も、JR各社のどのブランドにも入会可能である。しかし、自宅から旅に出ることを考えれば、基本は居住エリアのブランドに入会するのが得となる。ジパング倶楽部の魅力的な特典を利用するためにも、その年齢まで旅行を苦にしない身体を維持したい。

東日本・北海道は合同でサービスを展開。あとは東海、西日本、四国、九州と全5エリアがある

画像: ※夫婦の場合、どちらかが65歳以上なら、そろって「夫婦会員」になれる。

※夫婦の場合、どちらかが65歳以上なら、そろって「夫婦会員」になれる。

※価格は記事作成時のものです。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.