スマホの音量調整方法は、通話中にスマホの側面にある音量調節ボタンを操作すれば可能だ。またiPhoneもAndroidも、音声通話とコンテンツの音量は別々に設定され、調整した音量は、そのまま保持される。音量アップしたことを忘れて、大音量を出したくない場所で大音量を出してしまうことがあるので注意しておきたい。

通話の音量が小さくて相手の声がよく聞こえない!

スマホの音量は、本体側面の音量調節ボタンを押すことで「今使っている機能」の音量を調節することができる。つまり、電話や音声メッセージの通話音量ならば、通話している最中に「+」ボタンを押せば音量をアップ、「-」ボタンを押せば音量をダウンさせることができる。調整した音量は、そのまま保持されるので、次回の通話時にも同じ音量となる。

iPhoneAndroid

→通話中にスマホの側面にある音量調節ボタンを操作する

●iPhone
本体の左側面にある音量調節ボタンを押す

画像: 通話中に相手の声が小さくて聞こえなかったら、本体側面の音量調節ボタンの上のほう(+)を押す。下のボタン(-)を押すと音量がダウンする。

通話中に相手の声が小さくて聞こえなかったら、本体側面の音量調節ボタンの上のほう(+)を押す。下のボタン(-)を押すと音量がダウンする。

画像: 音量調節ボタンを押すと、現在の音量レベルが画面に表示される。本体から顔を離して通話したい場合は、「スピーカー」のアイコンをタップする。

音量調節ボタンを押すと、現在の音量レベルが画面に表示される。本体から顔を離して通話したい場合は、「スピーカー」のアイコンをタップする。

●Android
音量調節ボタンを押すか、スライダーでも操作可能

画像: 相手の声の調節は、通話中に側面の音量ボタンを押すことで行う。親指または人指し指で「+」あるいは「-」のボタンを押せばいい。

相手の声の調節は、通話中に側面の音量ボタンを押すことで行う。親指または人指し指で「+」あるいは「-」のボタンを押せばいい。

画像: 音量調節ボタンを押すと、画面に音量レベルが表示される。このスライダーにタッチする操作でも、音量の調節が可能だ。

音量調節ボタンを押すと、画面に音量レベルが表示される。このスライダーにタッチする操作でも、音量の調節が可能だ。

音声通話とコンテンツ音量調節は別

iPhoneもAndroidスマホも、音声通話とコンテンツの音量は別々に設定されるようになっているため、通話中に調節した音量は、コンテンツ(動画や音楽再生、ゲームなど)の音量には影響しない。コンテンツの音量はコンテンツ再生しているときに音量調節ボタンを使って調整すればいい。

画像1: 音声通話とコンテンツ音量調節は別

また、その音量はコンテンツの種類を問わず共通して保持されるので、動画再生のために音量を最大音量までアップさせたあとゲームを始めると、こちらも最大音量でプレーが開始される。大音量を出したくない場所で大音量を出してしまうミスの大半は、別コンテンツで音量アップしたことを忘れているために起こるので、日ごろから注意しておきたい。

画像2: 音声通話とコンテンツ音量調節は別

※掲載している画面は、iPhone、Androidの機種によって仕様が異なる場合があります。

解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.