大根は日光に当てて干すことで栄養が凝集し、ビタミンやミネラルの含有量が増えます。加えて切り干し大根を煮出すと、強力な抗酸化作用、ガン抑制作用、解毒作用、免疫増強作用、脂肪溶解作用などの機能があるファイトケミカルと呼ばれる植物由来の化学成分が溶け出してきます。【解説】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

勝部美佳(かつべ・みか)
マクロビオティック料理研究家。2000年にマクロビオティックに出合い、陰陽五行論に基づいた料理のおもしろさに魅了される。料理教室で6年間主任講師を務め、約2000人に指導。14年、大阪市内に玄米菜食を基本としたカフェ&マクロビ料理教室「メリーモモ」をオープン。食材本来の力とおいしさを生かしたヘルシーな料理が、人気を呼んでいる。

抗酸化、解毒、免疫増強に効く栄養が溶け出る

私は現在、大阪でマクロビオティック料理を提供するカフェを営み、また、その料理教室を主宰しています。

マクロビオティックとは、食文化研究家の故・桜沢如一氏が提唱した「自然と調和しながら健康の根源を支える長寿法」のことをいいます。それに基づく生活術の一つが、玄米菜食を中心とした食事です。

そうしたわけで、お客様や生徒さんから、健康や美容に関する相談を受けることがよくあります。食生活や体調を伺ったうえで、その人その人に合った食事をお勧めしていますが、なかでも多くの人に試していただいているのが「切り干し大根スープ」です(基本の作り方は下項を参照)。

ご存じのとおり、切り干し大根は、せん切りにした大根を天日干しにして乾燥させた、日本古来の乾物です。

大根には、脂肪を溶かす酵素が含まれているそうです。マクロビオティックでは、「天日干しにした大根をとることで、体の中心部まで太陽のエネルギーが届き、内臓脂肪を溶かす働きが生まれる」と、いわれています。

また、日光に当てて干すことで、栄養が凝集し、ビタミンやミネラルの含有量が増えます。加えて、切り干し大根を煮出すと、ファイトケミカルと呼ばれる植物由来の化学成分が溶け出してきます。

ファイトケミカルには、強力な抗酸化作用、ガン抑制作用、解毒作用、免疫増強作用、脂肪溶解作用など、さまざまな機能があるそうです。

切り干し大根スープを作る際は、大根をみじん切りにしてから煮込みます。こうすることでファイトケミカルが、より溶け出しやすくなります。

重度の貧血が改善!アレルギー性症状の緩和にも

栄養面からいうと、食物繊維も豊富です。食物繊維には、水溶性と不溶性の二つがあり、切り干し大根には、その両方が含まれています。

スープを飲むと、水溶性食物繊維の働きで便がやわらかくなり、スムーズな排便が促されます。デトックス効果が抜群なので、便秘解消のほか、むくみが取れた、美肌になったという声も多く聞かれます。

スープだけでも優れた効能がありますが、こしたあとに残った大根も、活用しましょう。不溶性の食物繊維が豊富なので、みそ汁に入れたり、ハンバーグに混ぜたりして食べると、これもまた、便秘の解消に役立つのです。便秘解消は、ダイエットにもつながります。

切り干し大根スープを初めて飲まれたかたは、皆さん、その甘さに驚きます。これは、天然の甘みです。

このスープを飲むのを習慣化すると、甘い物への欲求が満たされるため、砂糖の入ったお菓子などを過剰に欲することがなくなります。お菓子が好きな人は、それまで食べていた分を切り干し大根スープに置き換えることで、ダイエット効果がグンと上がるでしょう。

こうしたことから私は、やせたいという人や、内臓脂肪や中性脂肪値が気になる人に、特に切り干し大根スープをお勧めしています。

また、豊富なミネラルのおかげか、貧血が改善した人も少なくありません。婦人科系の病気を患っていた30代の女性は、血中のヘモグロビンの値が5g/dl以下になり重度の貧血症と診断されていました(女性の場合、ヘモグロビンの基準値は12~16g/dl程度。医療機関により異なる)。

彼女は、玄米菜食と並行して切り干し大根スープを、熱心に続けました。すると、1年後にはヘモグロビンの値が7g/dl以上に回復。大変喜んでくれました。

ところで、ダイエットに効くというと、早く結果を出したいと望まれるかたが、多くいらっしゃいます。しかし、体質を根本から変えるには、時間がかかるものです。少なくとも、2~3ヵ月は継続してください。根気よく続けるうちに、体の変化に気がつくはずです。

1日に飲む量は、カップ1杯程度で十分。タイミングは朝昼晩のいつでもけっこうですが、空腹時に飲むのが肝心です。そのあとに何か食べる場合は、最低でも、30分おいてください。そう考えると、就寝前に飲むのがベストといえます。

なお、次項の「基本の作り方」の水の分量はそのままで、切り干し大根を倍量にし、倍の時間をかけて煮出すと、濃厚なスープができます。これは、粘膜を強くして免疫力を高める作用があるといわれており、花粉症などのアレルギー性の症状に特効と、生徒さんに人気です。

私自身も、ひどい鼻炎やくしゃみに悩まされた時期がありましたが、玄米菜食と切り干し大根スープを続けたおかげで、すっかり克服できました。

切り干し大根スープは、簡単でおいしく効果が高い点が、長所です。ぜひ皆さんも、お試しになってはいかがでしょうか。

基本の「切り干し大根スープ」の作り方

画像1: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

【材料】(カップ2杯分=2日分)
切り干し大根…10ɡ
水…400ml

画像2: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

切り干し大根はよくほぐし、分量のうち100mlの水を加えて戻す。5分ほどおいたら、大根を軽くしぼる。戻し汁は取っておく。

画像3: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

①の大根を、みじん切りにする。

画像4: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

①の戻し汁と②、残りの水300mlを鍋に入れる。弱火で、5分くらいかけて、ゆっくりと沸騰させる。沸騰したら鍋にふたをして、15〜20分間、ふつふつと煮る。

画像5: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

③を、ざるでこす。

画像6: 【花粉症の体質改善】食事から見直しを!大人気「切り干し大根スープ」の作り方

●出来あがり!

【飲み方】
1日にカップ1杯を、温めて飲む。飲むタイミングは空腹時が望ましく、特に就寝前がお勧め。
密閉容器に入れ冷蔵庫で保存。3〜4日は日持ちする。
こしたあとに残った切り干し大根は、みそ汁に入れる、ハンバーグの具材にするなどして活用するとよい。

画像: この記事は『壮快』2019年2月号に掲載されています。

この記事は『壮快』2019年2月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.