ニコンの現行ラインアップはミラーレス一眼がフルサイズの2機種、一眼レフはフルサイズ7機種とAPS-Cサイズ機が4機種だ。ニコンではフルサイズを「FXフォーマット」、APS-Cサイズを「DXフォーマット」と呼ぶが、FX系とDX系の一眼レフで交換レンズの互換性があり、ミラーレスでも使えるのが特徴だ。ここでは主要5モデルをチェックしたので、カメラを選ぶ際の参考にしてほしい。

ニコンの主要モデルをチェック!

ニコンのウェブサイト上には、ミラーレス一眼がフルサイズの2機種、一眼レフはフルサイズ7機種(うち2機種は大手量販店では販売終了)とAPS-Cサイズ機が4機種ラインアップされている。ニコンではフルサイズを「FXフォーマット」、APS-Cサイズを「DXフォーマット」と呼び、DX専用の交換レンズは名称に「DX」がつく。

主要現行ラインアップ

ボディ

ミラーレス一眼(フルサイズ)/2機種
一眼レフ(フルサイズ)/7機種
一眼レフ(APS-C)/4機種

レンズ

Zマウントレンズ/3本
Fマウントレンズ/79本

Zマウントは大口径化によって高画質化を図る

ミラーレス一眼のZシリーズは、昨年秋に登場。キヤノン・EOS R同様、大口径マウントを採用しており、カメラ本体の小型軽量化と同時に高画質化を図っている。

FX一眼レフはフラッグシップのD5を筆頭に、プロ〜ハイアマチュア向けという印象だ。一方、DX一眼レフには、D5と同じAFを搭載したハイエンド機のD500をはじめ、中級〜入門者向けモデルがある。

画像: 左上:Z7、左下:Z6、中央:D750、右上:D7500、右下:D3500

左上:Z7、左下:Z6、中央:D750、右上:D7500、右下:D3500

DX系とFX系の一眼レフで交換レンズの互換性がある

ニコンの場合、キヤノンと違ってFXのカメラにDXのレンズを装着できるのは有利な点だ(装着時は画面の中央部が切り出される)。例えば、エントリークラスのDX機のユーザーがFXのカメラを購入したとしても、手持ちのレンズがそのまま利用できるのだ。もちろん、記録画素数が減るなどのマイナス面はあるにせよ、FX用のレンズを買いそろえるまでのつなぎにできる。また、DX機を手放したとしても、DXのレンズ資産が無駄にならないのだからありがたい。

一眼レフからミラーレスへの移行でもレンズが活用できる

一眼レフからミラーレス一眼に移行する場合は、純正のマウントアダプターFTZを介することで、一眼レフ用のFマウントレンズを使用できる。ただし、AF機能が使えるのはAF-SレンズやAF-PレンズなどのAFモーター内蔵のものだけで、Dタイプレンズなどは手動でのピント合わせとなる。

これはキヤノンも同じだが、長い目で見れば、今後はミラーレス一眼への移行は避けられない。思い切って最初からミラーレス一眼を選んでしまうことを考えてもいいと思う

ニコンの主要5モデルをチェック

ミラーレス一眼(フルサイズ)
Z7

43万7400円(ボディ)

標準対応レンズ/Zマウントレンズ・Fマウントレンズ(※)※マウントアダプターが必要
有効画素数/4575万画素
最高ISO感度/10万2400
最大連写速度/9コマ/秒
ボディサイズ/幅134㎜、高さ100.5㎜、奥行き67.5㎜
ボディ重量/675グラム

画像1: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

評価
Zシステムのポテンシャルを堪能できるが、かなりの予算が必要

画像2: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

Zシステムのポテンシャルを最大限に引き出せるローパスフィルターレス4575万画素撮像センサー搭載モデル。最新の画像処理エンジンEXPEED 6を採用。画像処理も一新して従来よりも高画質化を図っている。493点のハイブリッドAFと露出固定ながら9コマ/秒(AFは追従)の高速連写。コンパクトサイズだが握りやすいグリップも見どころだ。

画像3: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

かなり高価。交換レンズが少ないうえに安くないので、かなりの予算を覚悟しなければならない。記録メディアのXQDカードも高価だ。一度に連写できる枚数が少なめ(25コマまで)なので、スポーツ系の撮影にはやや弱い。

ミラーレス一眼(フルサイズ)
Z6

27万2700円(ボディ)

標準対応レンズ/Zマウントレンズ・Fマウントレンズ(※)※マウントアダプターが必要
有効画素数/2450万画素
最高ISO感度/20万4800
最大連写速度/12コマ/秒
ボディサイズ/幅134㎜、高さ100.5㎜、奥行き67.5㎜
ボディ重量/675グラム

画像4: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

評価
Z7に比べて画素数を下げ、高感度を実現。実売価格もより身近に

画像5: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

Z7と同じ防塵・防滴のマグネシウム合金ボディに5段分の効果を持つ手ブレ補正機構を内蔵。2450万画素撮像センサーとEXPEED 6の組み合わせで、常用ISO5万1200、最高ISO20万4800相当の高感度を実現している。Z7よりも画像のファイルサイズが小さいので画像処理や保管が楽。また、Z7より16万円ほど安い実売価格も魅力的だ。

画像6: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

Z7に比べて測距点数が少ないため(273点測距)、繊細な測距点選択ができない。Z7同様、交換レンズがまだまだ少ないし、記録メディアのXQDカードが安くないのも泣きどころだ。

一眼レフ(フルサイズ)
D750

17万6660円(ボディ)

標準対応レンズ/Fマウントレンズ
有効画素数/2432万画素
最高ISO感度/5万1200
最大連写速度/6.5コマ/秒
ボディサイズ/幅140.5㎜、高さ113㎜、奥行き78㎜
ボディ重量/840グラム

画像7: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

評価
フルサイズの入門者に好適な軽量モノコックボディのミドル機

画像8: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

防塵・防滴仕様のモノコック構造を採用して、薄型化と軽量化を図った軽快ボディのFX一眼レフ。画質と画像のハンドリングのバランスがいい2432万画素、ロー/ハイアングル撮影に対応できるチルト式モニターを装備。SDカードのデュアルスロットにより、万が一のカードのトラブルも防ぎやすい。フルサイズ入門者に好適なお手ごろ価格。

画像9: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

AFの測距点が画面中央部にしかないので、構図によってはAF撮影ができない。画像処理エンジンのバージョンが古め。モニターがタッチ操作に対応していない。動画機能はフルHD止まり。

一眼レフ(APS-C)
D7500

13万6620円(ボディ)

標準対応レンズ/Fマウントレンズ
有効画素数/2088万画素
最高ISO感度/164万
最大連写速度/8コマ/秒
ボディサイズ/幅135.5㎜、高さ104㎜、奥行き72.5㎜
ボディ重量/720グラム

画像10: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

評価
ワイドエリアの51点測距でスポーツ系の撮影が快適なAPS-C機

画像11: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

上位のD500と同じローパスフィルターレス撮像センサーを搭載。キレのいい写りが楽しめる。ワイドエリアの51点測距AFで8コマ/秒連写が可能。前作のD7200よりも連写可能枚数が増えて、スポーツ系の撮影がより快適になった。チルト式モニターにタッチパネルを内蔵。ライブビューや4K動画撮影時にタッチAFなどが可能になった。

画像12: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

ライブビュー時のAFが遅い。D7200に比べると、プラスティック外装になって質感がやや落ちた。カードスロットが一つだけ。縦位置グリップが用意されないなどスペックダウンしている。

一眼レフ(APS-C)
D3500

5万8570円(ボディ)

標準対応レンズ/Fマウントレンズ
有効画素数/2416万画素
最高ISO感度/2万5600
最大連写速度/5コマ/秒
ボディサイズ/幅124㎜、高さ97㎜、奥行き69.5㎜
ボディ重量/415グラム

画像13: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

評価
ダブルズームキットでも10万円を切るお手ごろな入門一眼レフ

画像14: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

外装パーツがカメラの骨格を兼ねるモノコック構造を採用して、薄型化と軽量化を図ったエントリーモデル。一眼レフとしては小型軽量で、ダブルズームキットでも10万円を切るお手ごろ価格が魅力。入門者に親しみやすいガイドモードを備えるほか、背面のボタン類が右手側に移動して、構えたままの操作がしやすくなった。

画像15: 【ニコンのデジタル一眼カメラの選び方】おすすめはミラーレス?現行5モデルを〇×チェック!

AFの測距点が11点しかない。ファインダー像が小さくてピントの確認が難しい。液晶モニターが固定式で、ライブビューや動画撮影時にやや不便。センサークリーニング機能がないのもマイナスポイント。

※価格は記事作成時のものです。

解説/北村智史(カメラライター)

This article is a sponsored article by
''.