【目を休めるアイテム】最新アイケア家電「3D アイマジックS」をヨドバシカメラで体験!

美容・ヘルスケア

目の疲れをケアする美容家電のおすすめがドクターエア 「3D アイマジックS EM-03」。目の周りやこめかみをじんわり温めながら、振動と加圧で優しくケアできる。便利な機能が、装着したまま周囲の確認ができるところ。また、Bluetooth対応でスマホから音楽を飛ばすこともできるのもポイント!

我ら!家電体験隊。 in ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラ 勝田泰幸マネージャー
ヨドバシカメラのカリスマ店員。プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

家電体験隊・女子部 部長:諏訪ケイコ
仕事と家事を切り盛りするライター。共働きおかんの目線で、商品に迫るわよ!

新しい家電やおすすめのサービスなど、気になったものはレッツ体験! 今回は、最新アイケアツールに大注目よ!

今回トライしたのは
アイケアツール

ドクターエア 3DアイマジックS EM-03

実売価格例:1万5800円(4月上旬発売)

サイズ/幅210mm×高さ82mm×奥行き110mm、重量/380g、電源/充電式

目の周りやこめかみをじんわり温めながら、程良い振動と加圧で優しくケア。目の周辺の眼輪筋を緩めてリラックスさせる。両目の部分が開口しているので、眼球が圧迫されないし、目を開ければ周囲の確認もできる。

ブルートゥースで音楽を聴きながら目元のケアができる

※上の写真の製品は、従来モデルのEM-002です。仕事で目を酷使する20〜30代の層に人気。フィット感や重さ、使用感などを確認して買うのがオススメとのこと。

ケイコ部長

なんという未来感! 最新のVRとかかな?

勝田マネージャー

これは、目を使うのではなく、休めるためのアイテムです。エアバッグによる加圧や、ヒーター熱での温め、バイブの刺激などで、目の周りをケアできますよ。

ケイコ部長

へー、こんな小さいのにマッサージチェアみたいなスペックなのね!

勝田マネージャー

サウンド機能付きで、目のケアをしながらヒーリング音楽も楽しめます。ブルートゥース対応で、スマホから曲も飛ばせますよ。

ケイコ部長

ますますいいわね。ん? この穴は何?

勝田マネージャー

実は、この構造こそが最新でして、装着している最中に目が開けられて、周囲が見られるんです。

ケイコ部長

なんと、突然、アナログな進化が……(笑)

勝田マネージャー

これが侮れないんです。使用中に何か物音がしても、中断せずに確認ができますし、ドリンクを手に取ったりもできますから一気に便利になります。

ケイコ部長

どれどれ? 本当だ、けっこう周囲が見えるわね。これなら、ケアをしながらテレビも見られそうね♪

勝田マネージャー

目の休憩にならないので、それはやめていただいて(笑)。この新構造はちょっとした進化ですが、使い勝手は大きく変わりました。音楽も聴きながら使えますし、とても快適ですよ。

目の周りを温めたり、加圧したり…。音楽も流せるリラックスアイテム

ヒーター温度は42℃に設定され、リラックス&ドライアイ予防におすすめ。

コースは約15分。音楽&優しいケアで、寝落ち必至のリラックス効果。

表示部もスタイリッシュ。上段は選択中のモードを、下段は充電状態を示す。

いちばん右のボタン一つでモードの切り替えと選択ができ、めんどうな操作は不要。

使用中に周囲が確認できる開口部。双眼鏡をのぞいているような感じ。

コンパクトに折り畳んで持ち運び可能。移動中や仕事先でも活用できる。

「3DアイマジックS EM-03」のおすすめポイントはここ!

ケイコ部長

使用中は、ほんの数分で寝そうになったくらい気持ちよかった♡ 目の部分が開いてるから、まつげエクステも取れなくていいわね。目元の美容効果もありそうだし、女性向きの商品かも!

※価格は記事作成時のものです。

取材協力/ヨドバシカメラ 新宿西口本店

文/諏訪圭伊子 イラスト/松沢ゆきこ

美容・ヘルスケア
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース