野菜スープメーカー「ゼンケン スープリーズR ZSP-4」は、野菜を切って入れ、スープの素と水を加えてボタンを押すだけで、簡単に本格的なスープを作れるのが特徴。調理時間は約30分で、火加減調節やかき混ぜも自動的に行う。

ゼンケン
スープリーズR ZSP-4

材料を入れてボタンを押すだけで本格的なスープを作れる調理家電

ゼンケンが、野菜スープメーカー「スープリーズR ZSP-4」を発売した。野菜を切って入れ、スープの素と水を加えてボタンを押すだけで、簡単に本格的なスープを作れるのが特徴。調理時間は約30分で、火加減調節やかき混ぜも自動的に行ってくれる。

画像: 材料を入れてボタンを押すだけで本格的なスープを作れる調理家電

モードは、スープ/食べるスープ/おかゆ/ミキサーの4種類があり、スムージーや離乳食を作ることも可能だ。スープ/食べるスープの両モードは、便利な保温機能や再加熱機能も備えている。容量は800ミリリットル。30種類のメニューを掲載したレシピブックも付属。

●発売日:2月7日
●価格:4万2120円

問い合わせ先:ゼンケン 0120-135-232

※価格は記事作成時のものです。

文/編集部

This article is a sponsored article by
''.