ダイエットシーズン到来。モチベーションを保つためには、体重計にもこだわりたいところだ。ヨドバシカメラのカリスマ店員・勝田さんによれば、体重計・体組成計は差別化が難しくなってきているという。勝田さんのおすすめは「タニタ」。時短・スマホ連係・手軽さなど、現代人に合わせたこだわりが詰まっているという。【特選街web編集部】

体重計・体組成計のおすすめは?

こだわりたい人には「タニタ」がピッタリ

画像: 解説者のプロフィール ヨドバシカメラ新宿西口本店 勝田泰幸さん ヨドバシカメラのカリスマ店員。 プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

解説者のプロフィール
ヨドバシカメラ新宿西口本店
勝田泰幸さん
ヨドバシカメラのカリスマ店員。
プライベートでも家電好きで自宅に多数所有。

体重計や体組成計は、実はもうどのメーカーも差別化が難しくなっています。その中で、特にこだわりたいという人に向けた商品がこちら。これからのダイエットシーズンにぴったりだと思います。

ヨドバシカメラのカリスマ店員・勝田さんおすすめ!
タニタ innerscan(インナースキャン) DUAL「RD-909」

筋肉の「量」だけでなく「質」も測れる

高周波と低周波、2つの周波数で体組成を細かく測定して、筋肉の量が正確に測れるというのが、この体組成計の売りです。しかも筋肉の量だけでなく「質」も測ってくれて、点数までつけてくれる。そこがおもしろいですね。

特に男性はグッとくるんじゃないかな。いい筋肉なのか。そうでもないのか。「いい筋肉がついている」なんて指摘されると、よりモチベーションが上がって、トレーニングの励みになりますよね。反対に点数が低い場合は、「トレーニングが間違っているかも」というところに気づかせてもくれます。

画像: 筋肉の「量」だけでなく「質」も測れる

効果を可視化できる

Bluetoothに対応しているので、スマホでデータ管理ができるところも大きいです。トレーニングって、疲労は感じるけど、効果はなかなか実感できないですよね。その効果が可視化されるというのは、特に男性はうれしいと思います。現在の体の状態を数値化して、危機感を覚える。そこから少しずつ改善すると、その経過がデータでわかる。とても真面目な現代人向けのアイテムです。

それと、スマホ対応は、数字を確認するときにいちいち屈まなくていいのがメリット。屈んで見るのは意外とおっくうだったけど、モニターが手元にあるからパッと見られる。これけっこう大事です。

<商品情報>

タニタ
体組成計RD-909

画像: 最大計量:180kg 最小表示:50g ※0~100kgまで(100~180kgまでは100g) 自動認識機能:有 登録人数:4人 測定結果項目数:10項目 ※体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、筋質点数、推定骨量、内蔵脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率 スマホアプリ連携:有 電源:乾電池 ※単3アルカリ乾電池×4本(お試し用付属)

最大計量:180kg
最小表示:50g ※0~100kgまで(100~180kgまでは100g)
自動認識機能:有
登録人数:4人
測定結果項目数:10項目 ※体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、筋質点数、推定骨量、内蔵脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢、体水分率
スマホアプリ連携:有
電源:乾電池 ※単3アルカリ乾電池×4本(お試し用付属)

価格:¥20,070(税込)
ヨドバシ.comで詳しく見る

医療機関や研究施設などで使われるデュアル周波数で、筋肉の質(状態)を測定。筋肉を筋繊維の状態まで分析し、点数化して体の状態をより詳細に知らせる。筋肉データのほか、体重やBMI、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢など、さまざまな体内情報が計測できる。

まとめ

家で体を鍛えるなら「手軽さ・時短」が大切

タニタさんが言うには、家の中で体を鍛えるには、手軽さが一番大切だとか。本当にその通りだと思います。それと時短も大切。乗るだけ。スマホを覗くだけ。メンテナンスもサッと拭くだけ。これがヒットの秘訣だと思います。

あと、見た目もおしゃれですよね。見るたびに「いい体組成計を買った」という責任感が湧いてきます。これは痩せないとまずいぞと(笑)。いろんな角度からダイエットをサポートしてくれる一台です。

画像: 家で体を鍛えるなら「手軽さ・時短」が大切

構成/諏訪圭伊子(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.