ミラーレス一眼の基本的な操作はコンデジと同じだ。ほとんどの機種は「フルオート」モードを搭載しているため、初心者でも簡単に撮影ができる。最近はタッチパネルを搭載した機種が主流で、スマホ感覚で使用できるのも特徴だ。

ボタンやダイヤルが多いけど、操作は難しくない?

ミラーレス一眼は、レンズが交換できること以外、基本的な操作はコンパクトデジカメと同じなので、カメラを触ったことがある人(たいていの人がそうだと思うが)なら、まず大丈夫だ。

「フルオート」に設定すればコンパクトデジカメ感覚で撮れる

また、ほとんどの機種はカメラ任せで最適な撮影ができる「フルオート」モードを搭載。まったくの初心者でも、シャッター以外のボタンやダイヤルに触れることなく撮影することができる。

画像: とりあえずモードダイヤルを「フルオート」に合わせておけば、細かな設定はカメラが自動的に行ってくれる。

とりあえずモードダイヤルを「フルオート」に合わせておけば、細かな設定はカメラが自動的に行ってくれる。

タッチパネル操作で直感的に操作できる機種も

最近は、タッチパネルを搭載した機種が主流で、画面にタッチしてピント合わせや、機種によっ
ては再生画像の拡大・縮小やメニューの設定も行える。指先で直感的に操作することができるのだ。

画像: スマホ感覚で画面にタッチして好きな位置にピントを合わせたり、そのままシャッターも切ったりすることができる。

スマホ感覚で画面にタッチして好きな位置にピントを合わせたり、そのままシャッターも切ったりすることができる。

解説/岡田清孝(カメラマン)

This article is a sponsored article by
''.