【カメラの可動式液晶モニター】自撮りに最適なカメラはチルト式?バリアングル式?

知識

ミラーレス一眼は、可動式の液晶モニターを採用している機種が多く、「自撮り」に最適だ。可動の方法は、バリアングル式とチルト式の2種類がある。どちらの方法にもメリット・デメリットがあるため、購入前にチェックすることをお勧めする。

液晶モニターはどんなタイプがおすすめ?

背面モニターがどんなふうに動くのかをチェックしよう

最近のミラーレス一眼は、可動式の液晶モニターを採用している機種が多いが、可動の方法は2種類に分かれる。

一つは、液晶を横に開き、そこから180度回転するバリアングル式。自由な角度に可動するので縦位置や横位置を問わず、自分撮りもしやすい。ただし、開いた状態でぶつけたりすると、可動部が壊れやすいので注意が必要だ。

もう一つは、上下2軸で可動するチルト式。レンズ光軸上に液晶があるので、被写体と同じ視線で撮影できるのがメリット。縦位置撮影用に、横にも可動する3軸式を採用している機種もある。とはいえ、バリアングル式と比べれば可動域は狭い。自分撮りをしたいなら購入前にチェックしよう。

チルト式
オリンパス PEN E-PL9

上下に可動するチルト式は、レンズと同じ視線で撮影ができるが、可動域に限界があり自由度は低い。中には180度回転して自分撮りに対応できる機種もある。

バリアングル式
パナソニック DC-G9

視線が左にずれるので構えにくく感じることもあるが、可動域の自由度からすると、バリアングル式が断然有利。

解説:岡田清孝(カメラマン)

知識文具・ホビー・カメラ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース