【一眼カメラ】レンズの「明るさ」や「F値」とは?背景のボケ描写を比較

文具・ホビー・カメラ

「F値」とは、レンズを通過する光の量を示す指標のこと。この数値が大きくなるにつれ、内径が小さくなる。レンズの名称にある「F2.8」「F4.0」などの表記は、解放F値といわれ、この数値が小さいほど明るいレンズということになる。

レンズの「明るさ」や「F値」って何?

レンズの明るさによって描写が変わってくる

レンズを通過する光の量が「明るさ」で、その量を示す指標が「F値」である。F値が変わるとレンズの中の絞り羽根の開閉による“光が通過する内径”が変わる。F2.8のように小さい数値だと光が通過する内径が大きくなり、F16のように大きい数値だと内径が小さくなる。

F値とレンズの絞り羽根の開閉イメージ

レンズの名称にある「F2.8」「F4.0」などの表記は、そのレンズが持つ最大の明るさを示す数値(開放F値)。この数値が小さいほど、明るいレンズということになり、暗い場面での撮影に有利なほか、より大きなボケを生かした表現が可能になるが、一方で大きく重くなり、価格も高くなる。

サボテンに接近して、設定F値を変えて撮影してみた。F2.8の明るいF値だと、サボテンの背景が大きくボケている。一方、F16まで絞り込んだ(暗いF値に設定した)状態では、背景がかなりハッキリ描写された。

F2.8

F16

解説/吉森信哉(フォトグラファー)

文具・ホビー・カメラ
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース