ニコンのコンデジ「COOLPIX P1000」は、ズーム倍率は光学125倍で、望遠端が3000ミリ相当という驚きの超高倍率ズーム機で、野鳥撮影や天体撮影を楽しみたい人におすすめのモデル。実際にプロが人物や風景を撮影して、その画質をチェックしていこう。

光学125倍・3000ミリの超高倍率モデルで撮ってみた!

ニコン COOLPIX P1000

実売価格例:13万790円

画像: ●サイズ/幅146.3㎜×高さ118.8㎜×奥行き181.3㎜●重量/1415g

●サイズ/幅146.3㎜×高さ118.8㎜×奥行き181.3㎜●重量/1415g

ベース感度画質

画像: 1/2.3型センサーとしてはなかなかの写り。曇天での撮影だが、オートWBはナチュラルな色合いだ。

1/2.3型センサーとしてはなかなかの写り。曇天での撮影だが、オートWBはナチュラルな色合いだ。

高感度画質

画像: シャープネスが低下し、色のにじみも発生。高感度で撮りたくなる場合も、適度な感度に抑えておきたい。

シャープネスが低下し、色のにじみも発生。高感度で撮りたくなる場合も、適度な感度に抑えておきたい。

1倍(24ミリ)

画像: 1倍(24ミリ)

83倍(2000ミリ)

画像: 83倍の作例は左の作例の「▼」部分を拡大。撮影時は、やや強めの風が吹いており、大型の三脚でもブレを抑えるのは難しかった。

83倍の作例は左の作例の「▼」部分を拡大。撮影時は、やや強めの風が吹いており、大型の三脚でもブレを抑えるのは難しかった。

高倍率ズーム機の中でも、圧倒的なズーム倍率と望遠端の画角を持つカメラである。撮像センサーは1/2.3型と小さく、それゆえに3000ミリ相当の画角が実現できたといっていい。写りは、先に紹介したCOOLPIX B600と同じ印象だ。

⇒COOLPIX B600の画質チェックはこちら

コンデジというには、あまりに抵抗感のあるボディの大きさ・重さであるが、これまでのカメラでは得られなかった領域の撮影が楽しめる。特に、野鳥撮影や天体撮影(月・惑星)を楽しみたい人にとっては見逃せないモデルだ。

※価格は記事作成時のものです。

解説/大浦タケシ モデル/いのうえのぞみ

This article is a sponsored article by
''.