抽出に時間がかかる水出しコーヒーがたった20分で作れるアイ・ティー・シーの「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」。抽出後に付属のアイスコンテナを使ってコーヒーを冷やすことができるChillモードを搭載しているので、コーヒーの味を薄めることなく作ることができる。

たった20分でまろやかな水出しコーヒーが作れる循環ドリップ式のコーヒーメーカー

通常、抽出に8時間以上はかかる水出しコーヒーが、たったの20分でできてしまうのが、アイ・ティー・シーの「電動水出しコーヒーメーカー CB-011W」。

アイ・ティー・シー
CB-011W

予定販売価格:1万584円(5月27日発売)

画像: アイ・ティー・シー CB-011W

●コーヒーの味を薄めることなく冷やせる

画像: コーヒーの抽出後に付属のアイスコンテナを使ってコーヒーを冷やすことができるChillモードを搭載。

コーヒーの抽出後に付属のアイスコンテナを使ってコーヒーを冷やすことができるChillモードを搭載。

土台部分のメインユニットに搭載されたポンプによって、水が繰り返しコーヒー粉を循環し、ドリップを行う。また、効率的に抽出ができるため、従来のポットタイプの抽出法に比べて約30%のコーヒー豆を節約できるほか、抽出時間や豆の量をコントロールすることで、好みの濃度に調節することができる。

●サイトURL→https://www.livease.jp/

※価格は記事作成時のものです。
文/編集部

This article is a sponsored article by
''.