たくさんのプリント写真を素早くデジタル化する方法の一つに、フォトスキャナーを使う方法がある。なかでも、エプソンのFF-680WはL版や2L版だけではなく、六つ切りサイズなどにも対応。紙焼き写真に特化した読み取り機能を持ち、取り込み時には、退職復元機能で自動補正するなど、便利な機能を搭載している。ここでは、フォトスキャナーによるデジタル化手順を紹介しよう。

L判もパノラマもOK。たくさんのプリント写真を一気にデジタル保存

エプソン・FF-680Wは、従来のフラットベッドスキャナーでは手間がかかるプリント写真のスキャンを、自動給紙機能があるドキュメントスキャナーをベースにすることで、スピーディに読み込めるようにした製品だ。写真用のプリンターやスキャナーを多数発売しているエプソンらしく、スキャンできる写真のサイズも、L判や2L判だけでなく、六つ切りサイズやパノラマ写真などにも対応。スキャン速度も、2L判までなら1枚1秒を実現している。

この製品が普通のドキュメントスキャナーと大きく異なるのは、紙焼き写真に特化した読み取り機能を持つ点だ。プリント写真はロール紙を裁断して印刷されるため、どうしても反りが発生する。オートシートフィーダーでスキャンするには、読み取り面とセンサーとの間にある程度の空間が必要だが、その間隔を狭めることで、紙の反りを補正して影響を軽減している。ほかにも、取り込み時に退色復元機能で自動補正するなど、便利な機能を搭載している。

フォトスキャナーによるデジタル化の手順

使用した製品はコレ!

エプソン FF-680W

実売価格例:6万4770円

画像: ●イメージセンサー:CIS●スキャン解像度:最大1200dpi(読み取り解像度)●幅296㎜×高さ176㎜×奥行き169㎜・重量3.7kg

●イメージセンサー:CIS●スキャン解像度:最大1200dpi(読み取り解像度)●幅296㎜×高さ176㎜×奥行き169㎜・重量3.7kg

破れた写真も読み込めるキャリアシートを標準装備したり、写真の裏面の記録も読めるよう両面スキャンしたりできるなど、写真の取り込みについて、細かい配慮や工夫が盛り込まれている。

ここがポイント!
プリント写真に最適な調整が施されたスキャンが高速で行える。大きさがバラバラでも連続して取り込めるが、できるだけ大きさをそろえたほうが、読み込みは安定する。

①スキャンする写真を取り出して準備する

画像: ポケットアルバムなど、写真の出し入れが可能なアルバムから写真を抜き出す。

ポケットアルバムなど、写真の出し入れが可能なアルバムから写真を抜き出す。

画像: 抜いた写真は、撮影順にまとめておくといい。パソコンにはFF-680Wのドライバーやアプリをインストールしておく。

抜いた写真は、撮影順にまとめておくといい。パソコンにはFF-680Wのドライバーやアプリをインストールしておく。

②写真の束をオートシートフィーダーにセットする

画像: 写真の束をオートシートフィーダーにセットする。最大で36枚までセット可能なので、この写真のように分厚くなっていても問題ない。

写真の束をオートシートフィーダーにセットする。最大で36枚までセット可能なので、この写真のように分厚くなっていても問題ない。

③スキャンの解像度を設定する

画像: 標準では最速の300dpiとなっているが、600dpiや1200dpiも選択可能。より高精細なスキャンをしたいなら、この画面で解像度を上げておこう。

標準では最速の300dpiとなっているが、600dpiや1200dpiも選択可能。より高精細なスキャンをしたいなら、この画面で解像度を上げておこう。

④取り込みボタンを押してスキャンする

画像: パソコンに接続し、本体正面の取り込みボタンを押すと、スキャンが開始される。300dpiでは1枚につき1秒。36枚でも、わずか36秒で終わる。大量の写真も高速での処理が可能だ。

パソコンに接続し、本体正面の取り込みボタンを押すと、スキャンが開始される。300dpiでは1枚につき1秒。36枚でも、わずか36秒で終わる。大量の写真も高速での処理が可能だ。

⑤高精細なスキャンではそれなりに時間が必要

画像: スキャンの解像度を1200dpiにした場合には面積当たりの解像度が4倍に増えるため、速度は1枚当たり数秒と、かなり遅くなる。しかし、その画質は圧倒的に高い。

スキャンの解像度を1200dpiにした場合には面積当たりの解像度が4倍に増えるため、速度は1枚当たり数秒と、かなり遅くなる。しかし、その画質は圧倒的に高い。

⑥より大きなプリント写真も取り込める

画像: 本機は2L判以上の写真についてもスキャン可能。最大A4サイズのものまで対応する。大きい写真は解像度が低くても高精細になるので、高速スキャンでも画質に問題はない。

本機は2L判以上の写真についてもスキャン可能。最大A4サイズのものまで対応する。大きい写真は解像度が低くても高精細になるので、高速スキャンでも画質に問題はない。

⑦取り込んだ写真は専用ソフトでそのまま管理

画像: 取り込んだ写真は、アプリの「EPSON FastFoto」で指定されたフォルダーに保存される。自動補正の前と後の画像がこのように並んで表示され、大量の写真も管理しやすい。

取り込んだ写真は、アプリの「EPSON FastFoto」で指定されたフォルダーに保存される。自動補正の前と後の画像がこのように並んで表示され、大量の写真も管理しやすい。

⑧スキャン後はデジタル写真と同じように扱える

画像: スキャンした写真はデジタル写真とまったく同じように扱える。スキャンしただけではExif情報の撮影日がスキャン日になるが、アプリで撮影日情報を変更することも可能。

スキャンした写真はデジタル写真とまったく同じように扱える。スキャンしただけではExif情報の撮影日がスキャン日になるが、アプリで撮影日情報を変更することも可能。

※価格は記事作成時のものです。

解説/内川功一朗(写真整理アドバイザー)

This article is a sponsored article by
''.