イチゴ酢のよさは、なんといってもおいしくて飲みやすいことです。さらに、イチゴと酢の相乗効果で、血圧の適正化、血糖値の改善、中性脂肪値やコレステロール値の低下、便秘や下痢の改善、美肌、アンチエイジングなどの効果が期待できるのです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

石原新菜(いしはら・にいな)
イシハラクリニック副院長。医師。帝京大学医学部卒業後、大学病院での研修を経て、現在、自然医学の泰斗で医学博士の父、石原結實氏が院長を務めるイシハラクリニックで、漢方医学、自然療法、食事療法により、さまざまな病気の治療にあたっている。『女のキレイは30分で作れる』(マキノ出版)、『酢ショウガで体すっきり!ずっと健康!』(宝島社)など、ショウガや健康に関する著書、監修書多数。テレビやラジオなどのメディアへの登場も多い。

遼河はるひさんの腹囲も細くなった!

これまで私は、酢ショウガや酢タマネギなど、野菜を酢に漬ける食べ方を提案し、皆さんにお勧めしてきました。酢に野菜を漬けると、保存性が高まるうえに、さまざまな健康効果を期待できるからです。

テレビ番組『教えてもらう前と後』(毎日放送/TBS)から、「イチゴ酢」の企画のお話を聞いたとき、その意外な組み合わせに、ちょっと驚きました。それと同時に、「酢ショウガや酢タマネギほどの効果は期待できないのではないか」とも思ったのです。

ところが、実際にモニターに試していただくと、いい意味でその予測が裏切られました。

イチゴ酢には、酢ショウガや酢タマネギに劣らない効能があり、しかも、イチゴならではのよさもあったのです。この結果に、正直、私自身も驚きました。

イチゴ酢は、イチゴを氷砂糖と一緒に酢に漬けたものです。これを飲むようになって、目をみはるような効果があったのが、元宝塚の男役スターだった、遼河はるひさん

遼河さんは、1週間も続いたがんこな便秘が、イチゴ酢を飲んで3~4日ですっかり解消。また、2週間で体重が1kg減、腹囲が8cmも細くなったそうです。

ここで注目したいのは、体重が1kg減少しただけなのに、腹囲が8cmもダウンしたことです。

お通じがよくなったことの効果もありますが、イチゴ酢は、脂肪燃焼効果がとても高いのです。

イチゴ酢を試してくださったモニターの中にも、体重に大きな変化はないものの、腹囲が3~4cm細くなったかたが、何人もいらっしゃいました。

それ以外にも、血圧が下がったり、中性脂肪値やコレステロール値が低下したり、肝機能値が改善するなど、さまざまな効果が出ています。

酢が苦手な人でも飲みやすいと評判

イチゴ酢でこうした効果が得られるのは、なぜでしょうか。

イチゴは、そのおいしさに目を奪われがちですが、実は栄養面でもとても優れています。まずは、あのイチゴの赤い色。これはアントシアニンという赤い色素で、ポリフェノールの一種です。

アントシアニンには、血液をサラサラにしたり、活性酸素を除去したりする抗酸化作用があります。活性酸素は、動脈硬化やがんや老化を促進させる、悪玉の酸素です。

また、イチゴには水溶性の食物繊維、ペクチンが豊富です。ペクチンには、腸からの糖や脂肪の吸収を抑えて、血糖値を上がりにくくしたり、コレステロール値を低下させたりする働きがあります。また、善玉菌のエサになって、腸内環境を改善します。

さらに、イチゴには美肌効果のあるビタミンCが多く、肌の弾力性を高めるコラーゲンの生成を助ける働きもあります。

このイチゴの働きをさらに強化するのが、酢です。酢に含まれる酢酸やクエン酸には、血管を拡張して血流を促したり、血栓(血液のかたまり)をできにくくしたりする働きがあります。

また、食物からとった糖や脂肪を分解・燃焼してエネルギーに変える働きがあり、中性脂肪やコレステロールなどの血中脂質を減らしてくれます。

さらに、酢は発酵食品なので、善玉菌を増やして腸内環境を整える働きもあります。

イチゴ酢をとると、こうしたイチゴと酢の相乗効果で、血圧の適正化、血糖値の改善、中性脂肪値やコレステロール値の低下、便秘や下痢の改善、美肌、アンチエイジングなどの効果が期待できるのです。

《イチゴ酢で期待できる多彩な効果》
ダイエット
血圧の適正化
血糖値の上昇抑制
血中脂肪の減少
便秘や下痢の改善
美肌効果
アンチエイジング

画像: 【いちご酢の効能】医師も注目する高い脂肪燃焼作用と便秘解消効果 美味しくて飲みやすいのもポイント

イチゴ酢のよさは、なんといってもおいしくて飲みやすいことです。

モニターの皆さんは、ソーダ割りにしたり、牛乳に混ぜたり、ヨーグルトにかけたりして召し上がっていますが、イチゴの風味や甘味があるので、スイーツ感覚で食べられ、デザートにもぴったりです。また、見た目もきれいでおいしそうです。

料理にも応用できます。オリーブ油と混ぜると、フルーティーなドレッシングになり、生野菜がたくさん食べられそうです。酢が苦手というかたでも、イチゴ酢なら抵抗なくとれるのではないでしょうか。

なお、イチゴ酢は、1日に大さじ3杯を目安にとるとよいでしょう。イチゴ酢とはいえ、酢の刺激がありますから、特に胃の弱いかたなどは、空腹時や食前は避け、食事中や食後にとってください。

漬けたイチゴも、適宜取り出して食べると、イチゴの不溶性食物繊維も無駄なくとることができます。

肝機能値が改善!肌の透明感もアップ!

テレビ番組『教えてもらう前と後』(毎日放送/TBS)では、5名のモニターに、「イチゴ酢」を2週間試していただきました。どなたも、血圧、コレステロール値、中性脂肪値などが高かったり、メタボ傾向があるなど、体調面に悩みや不安があったとお聞きしています。

モニターには、イチゴ酢大さじ1杯を朝と夜の1日2回、お好きな方法でとっていただきました。モニター期間が始まる前と終わった後に、血液検査などをして、数値や体調の変化を調べました。

Gさん(男性)
このかたは、2週間で腹囲が4.5cm縮小し、825mg/dlあった中性脂肪値が、3分の1以下の252mg/dlまで低下しました。正常値(150mg/dl未満)よりまだオーバーしていますが、顕著に脂肪が落ちて、体重も1.5kg減っています。

また、若干高かった肝機能の数値γ‐GTPが、73から44に下がって正常値内(50以下)になりました。さらに、総コレステロール値は249mg/dlから220mg/dlに下がりました(正常値は220mg/dl未満)。

中性脂肪、内臓脂肪とも劇的に減ったGさんですが、ご本人は「イチゴ酢以外、特別なことは何もしなかったのに」と、首をかしげていました。

Kさん(男性)
イチゴ酢で、血圧が劇的に改善しました。160/110mmHgと、最大・最小ともに高かった血圧が、130/88mmHgと、2週間で正常値になっています(正常値は最大血圧140mmHg未満、最小血圧90mmHg未満)。

また、正常値より高かった総コレステロール値、LDLコレステロール値、中性脂肪値が下がり、脂質代謝も改善しました。

Kさんは、モニター期間中、いつもより食べすぎて、普段しているランニングもしなかったそうです。それなのに、これだけ改善して、とても驚いていました。ちなみに、体重、腹囲に大きな変化はありませんでした。

Nさん(男性)
血液検査の結果が全般的によくなりました。なかでも目を引くのが、中性脂肪です。675mg/dlから309mg/dlに下がり、腹囲も3.9cm縮小しました。

また、gotは60から正常値内(35以下)の30に、γ‐GTPは243から195に改善しています。さらに、血圧も150/98mmHgから130/88mmHgと、正常値になりました。体重は0.5kg落ちただけですが、ご本人いわく、「体が軽くなって動きやすくなった」そうです。

Tさん(女性)
Tさんは、もともと太ってはいませんが、体重が1kg減り、腹囲は3cm細くなって、すっきりした体形になりました。もともと大きな問題のないかたですが、全体的によい方向にいっていると思います。

Iさん(女性)
総コレステロール値、LDLコレステロール値、γ‐GTPがやや高めでしたが、いずれも下がり、LDLコレステロール値以外は正常値内に入りました。

また、150/108mmHgと軽度の高血圧でしたが、最大血圧は変わらないものの、最小血圧が90mmHgに下がり、腹囲が2cm細くなりました。

Iさんは、モニター終了時、肌の透明感がアップして、化粧品を変えたかと思うくらい顔色がよくなっていました。また、モニター開始時に、頭痛、肩こりがあるとおっしゃっていましたが、皮膚の毛細血流がこれだけよくなったので、頭痛や肩こりも改善したかもしれませんね。

このように、イチゴ酢をとったかたは、血圧、中性脂肪値、コレステロール値、肝機能値、腹囲などに変化がありました。イチゴ酢をとると、血流がよくなり、脂質の代謝も上がるので、こうした効果が得られたものと思います。

画像: この記事は『安心』2019年5月号に掲載されています。

この記事は『安心』2019年5月号に掲載されています。

This article is a sponsored article by
''.