【スマホを紛失】家の中での置き忘れ対策には「スマートタグ」がおすすめ

ガジェット

スマホをどこかに置き忘れてしまった場合、「iPhoneを探す」や「端末を探す」という機能を使ってスマホがどこにあるかを調べることができる。自宅のどこかにあるという場合は、家族に頼んで着信音を鳴らしてもらったり、Bluetooth搭載のタグを使う手もある。

<疑問と悩み>
出先に置き忘れたらしく、自宅でスマホが見当たらない

⇒⇒スマホを借りるか、パソコンを使って、スマホの現在位置を確認

まず、誰かにスマホやパソコンを借りて、紛失したスマホがiPhoneなら「iPhoneを探す」、Androidなら「端末を探す」で探そう。紛失したスマホのApple ID/Googleアカウントを入力して、紛失したスマホがどこにあるかを調べることができる。これらは、スマホのアプリ、パソコンやスマホのブラウザーから利用できる。

自宅でスマホが行方不明になった場合は、固定回線や家族のスマホで見つからないスマホへ電話をかけ、着信音を頼りに探そう。スマホとペアリングしてスマホの場所を探せるブルートゥース搭載のタグを使う手もある。

●端末を探す機能は標準装備されている

iPhone
iPhoneの「iPhoneを探す」は標準でオンになっている。スマホやパソコンで自分の端末を探せる。

Android
Androidも「端末を探す」は標準でオン。スマホやパソコンで端末の場所を特定することが可能。

●スマホの置き忘れ防止に役立つアイテム

Tile Mate
EC-13001-AP
実売価格例:1980円

スマートタグとスマホをペアリングすれば、同一室内や同一家屋内のスマホを探しやすくなる。

解説/福多利夫(フリーライター)

ガジェットAndroidiPhone知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース