美味しい料理やかわいいペット、でも来客時などシチュエーションによってはちょっとニオイが気になることも。近年は埃や花粉対策なども含めて総合的に対処すべく空気清浄機を導入している家庭も増えているが、独自のプラズマクラスター技術で空気清浄機でも高いシェアを誇るシャープから、脱臭と除菌機能に特化し強力なプラズマクラスター除菌脱臭機「DY-S01」が発売された。

ペットやタバコなど、8大生活臭を消臭

シャープから2019年6月に発売された「DY-S01」は、「プラズマクラスターNEXT」と「光触媒脱臭フィルター」を搭載し、脱臭性能を徹底的に強化したという、プラズマクラスター除菌脱臭機だ。
排せつ物臭、ペット臭、タバコ臭、生乾き臭、汗臭、加齢臭、料理臭、30~40代特有の体臭といった、日々の暮らしでちょっと気になる「8大生活臭」をすばやく消臭し、家具などに付着しニオイの元となる付着ニオイ原因菌を除菌できる。

画像1: corporate.jp.sharp
corporate.jp.sharp

プラズマクラスターとは

プラズマクラスターとは、自然界に存在するものと同じくプラスとマイナスのイオンで、消臭や空気浄化に効果があるシャープ独自の技術。
イオン濃度を高めることで空気浄化力も向上するが、本製品はイオン濃度を約50,000個/cm3以上まで高めた高性能な「プラズマクラスターNEXT」を採用。
家庭内の気になる付着したニオイを素早く消臭するだけでなく、その元となるニオイ原因菌も除菌できる。搭載された第10世代プラズマクラスターイオン発生ユニットは、長期間安定して使用するために、交換が可能だ。
また、ニオイ吸着性能に優れたフィルター素材に、高効率でニオイ成分を分解できる光触媒素材を組み合わせた「光触媒脱臭フィルター」を新たに搭載。10年間使用したあとでも、脱臭性能が約94%持続するという。

画像2: corporate.jp.sharp
corporate.jp.sharp

空気清浄機に比べ、ニオイ対策に強みがある

これまでに発売されてきたシャープ製の空気清浄機にもプラズマクラスター技術は搭載されており、脱臭機能も備わっていた。
従来型の空気清浄機と、この除菌脱臭機の違いは、ニオイ対策に特化しているということ。
脱臭性能が高く、従来のスタンダードタイプの空気清浄機に比べ、消臭スピードは約1.5倍と大幅に早くなっている。
また、本体がスリムでコンパクトなため、家の中でニオイが気になる場所へ移動させ、ピンポイントですばやく消臭させる、といった使い方もできる。片手でも持ち運べるよう、本体上部には取っ手も用意されている。
その一方で、埃対策や花粉除去性能に関しては空気清浄機のほうが優れているので、使う場所の環境に合わせて選びたい。
もちろん、空気清浄機を稼働させつつ、ニオイが気になる場所へプラズマクラスター除菌脱臭機を置くというのも有効な手。強力で高性能な空気清浄機はサイズも大きく移動させづらいので、可搬性の高い除菌脱臭機との組み合わせは便利なはずだ。

シャープ
プラズマクラスター除菌脱臭機
DY-S01

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

■商品名:『プラズマクラスター除菌脱臭機』DY-S01
■希望小売価格:オープン価格
■発売日:2019年6月13日
■本体サイズ:径233mm×高さ570mm
■重さ:約3.9kg
■脱臭適用床面積(目安):~15畳(約25m2)
■プラズマクラスター適用床面積(目安):約8畳(約13m2)

まとめ

プラズマクラスター除菌脱臭機「DY-S01」は、シャープ独自の「プラズマクラスターNEXT」と、脱臭性能が10年レベルで持続する「光触媒脱臭フィルター」を採用し、ニオイ対策に特化した新しいタイプの機器。
従来の空気清浄機に比べても脱臭スピードが早く、また本体が軽量コンパクトなため家庭内での移動も簡単。ペットのニオイやタバコ臭など、8大生活臭を素早く消臭して快適な日常を送れそうだ。

◆大坪知樹
オーディオやPCといった記事を多く手がけてきたが、ガジェットはもちろん白物家電、クルマ・バイク、模型や玩具、時計に服・靴など基本的にモノが好きな物欲系フリーランスライター。

This article is a sponsored article by
''.