美容家電に共通しているのが「効果をなかなか実感できない」というところ。美顔器を購入しても長続きしない原因の一つでしょう。そこで、脱毛や美顔器などの美容家電メーカーであるヤーマンは美顔器をスマホと連動させることで、そのデメリットを克服しました。今回は「フォトプラス Smart」をレポートしました。

人気美顔器がスマホと連動して登場

スマホの潜在能力にいち早く注目したヤーマン

ほとんどの美容家電に残念なことがあります。それは効果がなかなか分からないということ。

例えば脱毛。毛の生え代わり周期は約3ヶ月から4ヶ月。それだけ経たないと効果を実感できないわけです。そんな状態でケアを続けた結果、効果が目に見えた時に「ああ、効果があったんだな」と、納得するわけです。今回はその残念部分を、ヤーマンはスマホが持つ「得意な部分」に着目して対応しました。今回は、RF(ラジオ波)美顔器「フォトプラス Smart(スマート)」をレポートします。

ヤーマン
フォトプラス Smart

画像: 右:本体、左:スマートレンズ www.ya-man.com

右:本体、左:スマートレンズ

www.ya-man.com

【サイズ】本体 (コットンストッパー付) 約W44 × D57 × H190 (mm) /スマートレンズ 約W45 × D59 × H83 (mm)
【質量】本体 (コットンストッパー付) 約220g / スマートレンズ 約40g
【充電時間 】本体 約2.5時間 / スマートレンズ 約2時間
【動作時間(本体) 】 約40分
【付属品 】コットンストッパー、スマートレンズ、スマートレンズ専用ゴム、ACアダプター、USBケーブル
【カラー・型番 】マットグレー・HRF-11MG-SE

今、人間の相棒ともいえるツールは「パソコン」ではなく「スマートフォン」でしょうね。精細な作業をするには、まだまだパソコンの方が上ですが、いつでも・どこでも・それなりに使えるのは、圧倒的にスマホです。

パソコンの強みは、キーボードとのタッグマッチ。とにかくインプットの速さが光ります。そしてCPUの能力、巨大な記録メモリーが大メリット。パソコンにもカメラが内蔵されているものも多いが、ガンガン外情報を自分で取り込むのはちょっと苦手。今や、パソコンは持っていないけど、スマホは持っているという方が驚くほど増えました。小回りが効いて、機動性の高いスマホが、一歩も二歩も先を行きます。

そんな中、今、スマホに期待が寄せられているのが、「センサー&分析機能」です。情報はカメラで取り込み、それをAIで分析。AIはネット、クラウド上でもいいので、大コンピューターでの分析も可能です。パソコンでも同じ事ができないわけではありませんが、手軽さの上で圧倒的にスマホが有利です。

そこに目を付けたのが、ヤーマン。 今では美容家電メーカーとして有名ですが、元々は半導体検査装置などの先端電子機器開発をしてきました。精密分析は得手なメーカーです。
そのヤーマンがスマホで挑戦したのが、「肌分析」なのです。

女性は自分の肌質には敏感です。
私の知り合いにも、「乾燥肌だから」といって肌状態に敏感な女性が数多くいます。しかし、お願いして触らせてもらうと、カサカサでもなく、存外ウェットに感じる場合も多く、実際どんな状態なのか、さっぱり分かりません。聞いてみると本人も、大別以上のことは分からないとのこと。

そんなわからない状態で、美容家電まで使って肌のメンテナンスを行うのは、クルマでいうと“最高級の整備道具を揃えたのに、ウェスでいろんな所を磨いている感じ”ではないでしょうか?
これは、かなりもったいないと思います。

フォトプラス Smartで筆者も「肌分析」をトライ!

画像: iPhoneのレンズにアダプターを被せて使用する。

iPhoneのレンズにアダプターを被せて使用する。

「フォトプラス Smart」の使い方は、まず、手持ちのiPhoneに専用レンズを取り付けて、肌を撮影します。一度に撮影していますが、その中では、いろいろな光線が飛び交い、肌の状況を見極めています。特に面白いのは、角栓の写真(下記)。普通の肌の写真とかなり違います。

画像: 角栓写真。光っている部分が角栓。

角栓写真。光っている部分が角栓。

肌の分析は「キメ・シミ・角栓・毛穴・美白・水分」の6項目です。
実際トライしてみたところ、私の場合、50代平均としては、「角栓」がよくなく「毛穴」はいいと出ました。一つでもイイところがあると、なんかうれしいですね。

画像: 50代平均(薄黄色の部分)と比べて、筆者は「毛穴」の点数が良かった!一方で、角栓は平均より悪い結果に。

50代平均(薄黄色の部分)と比べて、筆者は「毛穴」の点数が良かった!一方で、角栓は平均より悪い結果に。

次に、「アドバイス/コメント」がでてきます。
私の場合、Step1として「RFイオンモイスチャー」を3分、Step2として「イオンモイスチャー」を3分。Step3として「RF」を2分。最後に「COOL」3分をおすすめされました。

画像: 筆者の肌に合わせて、おすすめのプログラムを提案してくれた。

筆者の肌に合わせて、おすすめのプログラムを提案してくれた。

分析されたはイイのですが、これを一つ一つセットするとなると面倒臭い。
が、画面下を見ると「送信する」とあります。

「送信する」を押すと、推奨された私のプログラムがRFボーテに転送され、そのマイプログラムで動作するではありませんか!!

つまり、自分の肌を分析した結果に基づいたカスタマイズ・プログラムで、自分をケアすることができるのです。これぞ、皆欲しかったモデルという感じです。

美容と健康は、一人一人全く違います。スマホを活用することにより、まさに「フォトプラス Smart」は自分のための一台になるのです。思わず「すごい!」と叫んだぐらいです。

実は、この機能満載の「フォトプラス Smart」ですが、価格もお高く、「RFボーテ フォトPLUS」の倍以上の値段です。普通の家電の場合、個人として買いやすいのは、5万円までといわれています。それ以上になると、買うときにかなり悩む人が多いです。

画像: RFボーテ フォトPLUS 37,000 円(税抜) www.ya-man.com

RFボーテ フォトPLUS
37,000 円(税抜)

www.ya-man.com

まとめ

「分析」「送信」「RFボーテ」と分けた販売はできないか?

私は、この「フォトプラス Smart」を高値の花にしておくのは、もったいないと思います。一つ、私から提案させてもらえるなら、①分析機能、②プログラム指定と転送機能、③RFボーテ、とわけて販売してほしいのです。

もちろん、全ての機能を使うには、「フォトプラス Smart」とRFボーテに同じシステムが搭載されていることが必要です。
自分の肌の状態が的確に分かるのは実にプラスのメリット。肌美容の間口を大きく拡げること、継続して使ってもらえることにはならないでしょうか?

なにはともあれ、今回レポートした「フォトプラス Smart」は、ハイテク・ジャパンの技術と、おもてなしに代表される細やかな心遣いが見事に融合した美容家電であることは、間違いないです。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング、ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.