2019年6月6日、スマホ決済「LINE Pay」を運営するLINE Pay株式会社が、決済業界のグローバルリーダーである「Visa」と戦略的包括パートナーシップ提携を結ぶことを発表しました。これによりLINE Payアプリ内でVISAカードが利用できるようになり、世界約5,400万店舗のVisa加盟店でLINE Payの使用が可能に。海外旅行や出張のときも、スマホ1台で支払いできるようになります。

「LINE Pay」と「Visa」の提携内容

今回のLINE PayとVisaの提携内容には、「代替通貨取引が可能になる新サービスを開発」や、「東京オリンピックに先駆け、キャッシュレス化に向けての共同マーケティング」など重要なポイントが様々ありますが、特に「約5,400万の加盟店利用」と「デジタル決済対応カード(仮称)」について解説したいと思います。

約5,400万店舗に及ぶVisa加盟店が利用可能に

スマホ決済のLINE Payと国際ブランドのVisaが提携したことで、全世界に約5,400万店舗存在するVisa加盟店をLINE Payで利用できるようになりました。

通常LINE Payを利用するためには、利用先の店舗がLINE Payを導入している必要があるのですが、提携後はVisa加盟店なら問題ありません。

また、日本国内だけでなく世界中のVisa加盟店が対象なので、海外旅行や出張時もLINE Payならスマホ1台で支払いが完了します。

  • 日本国内のVisa加盟店:LINE Payで支払い可能
  • 海外のVisa加盟店:LINE Payで支払い可能

決済通知や履歴もLINE Payアプリ内で確認できるので、今までよりも使いやすくなる可能性が高いです。

画像: スマホ決済のLINE Payと国際ブランドのVisaが提携したことで、全世界に約5,400万店舗存在するVisa加盟店をLINE Payで利用できるようになった。 linecorp.com

スマホ決済のLINE Payと国際ブランドのVisaが提携したことで、全世界に約5,400万店舗存在するVisa加盟店をLINE Payで利用できるようになった。

linecorp.com

「デジタル決済対応カード(仮称)」の申し込み・利用が可能

今回の提携により、LINEが抱えている月間1億8,700万人のアクティブユーザーが、LINE Payアプリ内からデジタル決済対応カード(仮称)への申し込み・利用が可能になりました。

デジタル決済対応カード(仮称)とは、LINE Payアプリ内に発行できるカードで、Visaブランドを採用したバーチャルカードです。

また既存のVisaカードをLINE Payアプリに連携させることもできます。

  • LINE Payアプリからデジタル決済対応カード(仮称)に申し込み可能
  • すでに所持しているVisaブランドのクレジットカードをLINE Payと連携可能

さらにポイント還元率や利用特典といったユーザーへ還元されるロイヤリティプログラム、海外旅行時に便利な新機能の提供も開始していくそうなので、今後もLINE PayとVisaの共同サービスから目が離せません。

まとめ

今回はスマホ決済「LINE Pay」と、決済業界のグローバルリーダーである「Visa」の提携について紹介しました。

キャッシュレス化の促進など提携の目的は様々ですが、重要なのは下記の2点。

  1. 全世界5,400万店舗のVisa加盟店でLINE Payが利用可能に
  2. LINE Payアプリからデジタル決済対応カード(仮称)の申し込み・利用が可能

Visa加盟店なら国内外を問わずLINE Payが利用できるようになり、海外旅行や出張でもスマホ1台あれば支払いに困ることはありません。

またLINE PayアプリからVisaブランドのバーチャルカードを発行することができ、既存のVisaカードをLINE Payと連携させることも可能です。

まとめると、LINE PayとVisaの提携により、利用できる店舗が限られていたLINE Payの使いやすさが大幅に向上したということになります。

◆折本陽太
専門商社での営業を経てフリーライターに。マネー・ビジネス分野が専門。取材から執筆、編集も手掛ける。

This article is a sponsored article by
''.