ドローンなどで知られるDJIが初めてリリースする本格的なアクションカメラ「Osmo Action」。前後2つのモニターを搭載し自撮りにも重宝する。電子式映像ブレ補正「ロックステディ」の効きも強力な本機をレビューする。

解説者のプロフィール

画像1: 【Osmo Actionをレビュー】DJI初の本格的アクションカメラは強力な手ブレ補正が特徴

大浦タケシ(フォトグラファー)
筆者紹介:宮崎県都城市生まれ。今回の作例ではキックボードの我が子を被写体として撮影したが、一緒に走った私はヘトヘト。

こんなカメラで撮ってみた!
DJI Osmo Action

ライバルと似た外観でアクセサリーも共用できる!

ハウジングなしで11メートル防水、マイナス10℃の耐寒性能を誇る。1/2.3型1200万画素の撮像センサーに、視野角145度と超ワイドな単焦点レンズを搭載。4K60p動画のほか、HDR動画、8倍スローモーション、タイムラプスなど、多彩な撮影が楽しめる。カメラ装着用のアタッチメントは、GoPro用のものが使用できるのも魅力。

●実売価格例:4万4820円

画像: ●サイズ/幅65mm×高さ42mm×奥行き35mm ●重量/約124g

●サイズ/幅65mm×高さ42mm×奥行き35mm
●重量/約124g

画像2: 【Osmo Actionをレビュー】DJI初の本格的アクションカメラは強力な手ブレ補正が特徴

ボディはコンパクトだが、前面にも1.4型の液晶モニターが設けられており、自分撮りのときなどに重宝する。

画像3: 【Osmo Actionをレビュー】DJI初の本格的アクションカメラは強力な手ブレ補正が特徴

背面の液晶モニターは、2.25型のタッチ式。コントラスト、輝度とも高く、明るい場所でも見やすい。画面を2本の指でタップ(または側面の「QSボタン」を長押し)すると、前面の液晶モニターに切り替わる。

ドローンなどで知られるDJI。このOsmo Actionは、同社が初めてリリースする本格的なアクションカメラだ。シンプルなデザインのコンパクトなボディは、先行するGoProを強く意識していることは明らか。

実は、本機は背面だけでなく、前面にも液晶モニターを搭載。NDフィルターなどを装着できる円形のレンズ部は簡便なねじ込み式とし、前面のモニターにも撮影映像を映し出せるなど、使い勝手はGoProを上回る。

さらに、ボディ上部のシャッターボタンと電源ボタンに加え、ボディ側面にはクイックスイッチ(QS)ボタンを備え、わかりやすい操作で快適に撮ることができる。

電子式映像ブレ補正「ロックステディ」も強力で、手に持ったまま走るなど、激しい動きでもブレのない安定した撮影が可能。戦略的な販売価格も含め、今後、アクションカメラでGoProと勢力を二分していくのは間違いなさそうだ。

強力な手ブレ補正で、激しく動いても安定した映像に!

キックボードに乗った子供と一緒に走り、4K30p撮影を行ってみた。手に持ったカメラは、当然激しく動いているが、「ロックステディ」の効きは強力で、安定した動きの映像が得られた。

画像: DJI 0542 youtu.be

DJI 0542

youtu.be

視野角145度のレンズでワイドに撮れる

画像: DJI 0520 youtu.be

DJI 0520

youtu.be
画像: モノレールが接近する様子を、「ロックステディ」オフの4K60pで撮影。視野角145度の超ワイドレンズにより、周辺の歪みを抑えつつ、遠近感の強い、迫力ある映像が得られた。

モノレールが接近する様子を、「ロックステディ」オフの4K60pで撮影。視野角145度の超ワイドレンズにより、周辺の歪みを抑えつつ、遠近感の強い、迫力ある映像が得られた。

まとめ

本機はDJIにとってアクションカメラ1号機だが、写りも含め、完成度は高い。電子式映像ブレ補正の効きも強力だ。トラブルに対応するアフターサービスが用意されているのも、うれしいところ。

※価格は記事作成時のものです。
Photo & Text/大浦タケシ

This article is a sponsored article by
''.