【高速シャットダウン】パソコンの電源オフを即座に行うショートカットの作成方法

ガジェット

Windowsパソコンの電源を切る方法は、「スタート」→「電源」→「シャットダウン」もしくは、「スタート」の右クリックからも切る方法だが、どちらも3ステップで手間は同じ。ワンステップで電源を切るには、シャットダウン専用のショートカットアイコンを作る方法がある。

パソコンの電源オフを即座に行うための裏ワザ

●終了専用のショートカットを作成する

Windowsパソコンの電源を切るには、「スタート」→「電源」→「シャットダウン」と3ステップが必要だ。「スタート」の右クリックからも切れるが、手間は同じ。タブレットモードのときだけ、2ステップになる。どうせなら、ワンステップで電源が切れるようにしよう。

まず、デスクトップにシャットダウン専用のショートカットアイコンを作る。方法は下のとおりで、「shutdown」と「/p」の間に半角スペースを入れる。ただし、これだとアイコンをダブルクリックする必要がある。そこで、アイコンを右クリックして「タスクバーにピン留め」を選ぶ。すると、タスクバーに入るので、これをクリックすれば即座にシャットダウンできる。タブレットの人は「スタートにピン留め」するといい。

❶画面上の何もないところを右クリックし、「新規作成」→「ショートカット」と進む。開いた画面に「shutdown /p」と入力して「次へ」。

❷「シャットダウン」などの名前をつけて「完了」を押すとデスクトップにアイコンができる。これをダブルクリックすると電源が切れる。

解説/下島朗(エントラータ)

ガジェットWindows
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース