ブラウザーの高性能化やブロードバンド回線の高速化により、ブラウザー上ですべてが完結するウェブサービスとして提供される機能も増えてきた。例えば、iPhoneのフォーットHEICは、標準のWindowsでは画像として認識できないが「HEIC変換フリーソフト」を使えばJPEGに変換することができる。画像編集のウェブサービスで便利なのが「フォトール」、音声抽出なら、「オーディオカッター」というサービスがおすすめだ。

ウェブサイトにアクセスしてアプリのように使えるサービスにも注目!

パソコンにインストールしなくてOK

パソコンの各種機能は、従来、ソフト(アプリ)という形態でインストールして使うものが多かった。しかし最近では、ブラウザーの高性能化やブロードバンド回線の高速化により、ブラウザー上ですべてが完結するウエブサービスとして提供される機能も増えてきた。

例えば、iPhoneで採用された新しい画像フォーマットのHEIC(ヘイク)は、標準のWindowsでは画像として認識できない。しかし、ウエブサービスである「HEIC変換フリーソフト」を使えばJPEGに変換することができるのだ。使い方も簡単で、ブラウザーでサービスにアクセスしたら、変換したいファイルを、ブラウザー内にドラッグ&ドロップするだけ。自動的にJPEGに変換されたファイルが表示される。

パソコンで見られないiPhoneの写真データをJPEGに変換できる画像変換ウェブサービス

HEIC変換フリーソフト
提供元●Apowersoft
https://www.apowersoft.jp/heic-to-jpg

画像: Windowsでは画像として認識できないHEICファイル(写真右)をドラッグするだけでJPEGに変換してくれる。

Windowsでは画像として認識できないHEICファイル(写真右)をドラッグするだけでJPEGに変換してくれる。

また、画像編集のウェブサービスで便利なのが「フォトール」だ。ワンタッチで補正できるほか、コラージュ写真も作れる。コラージュ作成は、用意されたひな形に画像をはめていくだけで、さまざまなパターンを作成できる。

ワンタッチで補正ができるほか、マニュアルの画像編集も可能な画像編集ウェブサービス

フォトール
提供元●Apowersoft
提供元●Everimaging
https://www.fotor.com/jp/

画像: ワンタッチ補正で画像を修整できるほか、切り取りや回転、色調整などマニュアルによる画像編集も可能だ。

ワンタッチ補正で画像を修整できるほか、切り取りや回転、色調整などマニュアルによる画像編集も可能だ。

音声抽出なら、「オーディオカッター」というサービスがおすすめ。例えば、ビデオカメラで撮影したピアノ発表会の動画から音だけを抽出したい場合、画面上にドラッグ&ドロップするだけで簡単に抽出できる。分割や加工も可能だ。

動画から音声のみを抽出し、トリミングなどの編集も可能な音声抽出ウェブサービス

オーディオカッター
提供元●Apowersoft
提供元●123apps
https://mp3cut.net/ja/

画像: 音源の元となる動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけで編集が始められる。操作も直感的に行え、使いやすい。

音源の元となる動画ファイルをドラッグ&ドロップするだけで編集が始められる。操作も直感的に行え、使いやすい。

解説/ 内川功一朗(ITライター)

This article is a sponsored article by
''.