パナソニックは、マッサージチェア「リアルプロ」シリーズの最新モデル「EP-MA100」を発売。最大の特徴は、複雑だった従来機の操作部を一から見直し、わかりやすいタッチパネルコントローラーを新採用したこと。手のひらから上腕まで、広くもみほぐせるようになり、多彩なもみ技は全164種類。

パナソニック 
リアルプロ EP-MA100

大画面タッチパネルで直感的に操作できるマッサージチェア

●発売日:8月1日
●実売価格:59万1800円程度

パナソニックは、マッサージチェア「リアルプロ」シリーズの最新モデルとして、「EP-MA100」を発売した。

最大の特徴は、複雑だった従来機の操作部を一から見直し、わかりやすいタッチパネルコントローラーを新採用したこと。

画像1: 大画面タッチパネルで直感的に操作できるマッサージチェア

マッサージしたい部位も、画面をタッチするだけで簡単に選べるので、直感的に操作できる。

また、パソコンやスマホの長時間使用で増加している腕の疲れにも対応。

画像2: 大画面タッチパネルで直感的に操作できるマッサージチェア

エアーバッグの追加などにより、手のひらから上腕まで、広くもみほぐせるようになった。多彩なもみ技も、全164種類に増加している。

画像3: 大画面タッチパネルで直感的に操作できるマッサージチェア

●問い合わせ先:パナソニック 0120-878-697

文/特選街編集部
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.