パソコンの4K化は、基本的にモニター(ディスプレイ)、HDMIケーブル、パソコン本体のスペックも4K対応にしておく必要がある。最近のパソコンならほぼ4K対応だが、念のためチェックしておこう。Ultra HD Blu-rayなど、利用する4Kコンテンツによって、パソコン本体のスペック要件が異なってくるので注意だ。

あなたの疑問にズバリお答え!
どうすればパソコンを4K化できる?

読者から質問

パソコンの4K化は、どうすれば可能ですか? 現在、23.6型のモニターを使っています。4Kで見るには、どのようなモニターやケーブルが必要でしょうか? 図面を見る、写真のディテールの確認など、4Kにすればよりよくできると思います。(T.Mさん 愛知県 79歳)

専門家の回答

編集部:
これは、ガジェットライターの篠原義夫さんに聞きます。

専門家の回答:
高嶺の花だったパソコンの4K環境も、ディスプレイなどの対応機器の価格がこなれてきたこともあり、以前と比べてかなり身近になってきました。
基本的にパソコンの4K化には、モニター(ディスプレイ)やHDMIケーブルに加え、パソコン本体のスペックも4K対応のものにしておく必要があります。

パソコン本体で出力可能な画面解像度は、搭載CPUやグラフィック機能から調べられますが、少し専門的な知識が必要になるため、ビギナーにはハードルが高いかもしれません。
少々めんどうですが、カタログやマニュアルなどで、4K解像度を示す3840ドット×2160ドットの外部ディスプレイへの出力が可能かどうか、確認してください。
最近のパソコンならほぼ4Kに対応しているはずですが、念のためチェックしておいたほうがいいでしょう。

パソコン本体で4K出力が可能なら、あとは4K対応のディスプレイとHDMIケーブルをそろえればOKです。
具体的には、ディスプレイは最大解像度が3840ドット×2160ドット以上、HDMIケーブルはVer.1.4以上のタイプを用意しましょう。接続手順は従来どおり、パソコンとディスプレイをHDMIケーブルでつなぐだけです。

4Kディスプレイは、ベーシックな28型タイプなら3万円台から入手できますし、たいていHDMIケーブルも同梱されています。
したがって、パソコンさえ4K出力に対応していれば、最安で3万円程度の出費で4K環境を実現することが可能です」

編集部:
パソコンが対応していれば、ほぼディスプレイ代だけ出せば済む、ということですね。

専門家の回答:
「ただし、これはあくまで最低限の4K化であって、例えば、Ultra HD Blu-rayの再生環境を実現するには、より高いスペックが求められます。
具体的には、パソコン本体のグラフィック機能はインテルCPU内蔵のIntel HD Graphics 630以降、ディスプレイとHDMIケーブルはそれぞれHDCP2.0に対応したタイプ、さらにUHD BDドライブに加え、再生アプリなども欠かせません。

もっとも、今回T.Mさんがおたずねになっている写真のディテールや図面のチェックが目的なら、最低限の4K化で十分でしょう。
ただし、Ultra HD Blu-rayなど、利用する4Kコンテンツによっては、パソコン本体のスペック要件が異なってくることを覚えておきましょう」

編集部:
ありがとうございます。

画像: あなたの疑問にズバリお答え! どうすればパソコンを4K化できる?

イラスト/はやし・ひろ

This article is a sponsored article by
''.