【エレコムの体組成計】内蔵脂肪をより正確に測定!筑波大と共同開発した最新型体重計「HCS-FS01」

暮らし・生活・ペット

エレコムは、筑波大学と共同開発した体組成計「HCS-FS01」を発売した。特徴はMRI測定に基づいて腹部全体の内臓脂肪を算出する「体積推定方式」。測定項目は、体重、内臓脂肪レベル、BMI、体脂肪率、骨格筋率、骨量、基礎代謝の7種類。データの管理もスマホアプリ「ECLEAR APP」を使えて便利だ。

エレコム
HCS-FS01

より正確に内臓脂肪レベルを評価できる最新型の体組成計

●発売日:7月22日
●価格:6631円

エレコムは、筑波大学と共同開発した体組成計「HCS-FS01」を発売した。MRI測定に基づいて腹部全体の内臓脂肪を算出する「体積推定方式」を採用しているのが特徴で、内臓脂肪レベルの評価をこれまで以上に正確に行える。

また、過去のデータから利用者を推定する「自動認識機能」を装備しているので、登録番号の選択などをしなくても、乗るだけで測定を始められる。測定項目は、体重、内臓脂肪レベル、BMI、体脂肪率、骨格筋率、骨量、基礎代謝の7種類。データの管理も、スマホアプリ「ECLEAR APP」を使って簡単にできる。

●問い合わせ先: エレコム 0570-084-465

暮らし・生活・ペット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース