東京都は、特殊詐欺の被害防止に向けた連携に関する協定(2019年8月9日から2020年3月31日まで)に関連して「LINE」アプリサービスを活用した公式アカウント「特殊詐欺対策・東京都アカウント」を開設。LINEは、従来の電話に比べて「オレオレ詐欺」や「なりすまし」のような手口に利用されにくいとされており注目だ。

特殊詐欺の被害防止のためにLINEを活用する取り組みを東京都と合同で実施

「LINE」は、音声やビデオ、文字によるスムーズなコミュニケーションが可能。年齢を問わず誰もが利用でき、ボタン一つで家族とつながることができることから、従来の電話に比べ、「オレオレ詐欺」や「なりすまし」のような手口に利用されにくいともいわれている。

そこでLINEでは、特殊詐欺の防止に役立てる取り組みを東京都とスタート。高齢者とその子供世代に向けて、LINEで家族のコミュニケーションを図ることを訴求するポスターやリーフレットを配布している。

LINE/東京都
「特殊詐欺の被害防止に向けた連携に関する協定」
協定期間:2019年8月9日から2020年3月31日まで

架空請求はがきの判定もしてくれる

画像: 特殊詐欺対策・東京都アカウント」の友だち追加は、 「LINE」アプリで上のQRコードをスキャン することで行える。画面上の「これって架空請求?」をタップすると、架空請求の疑いのあるはがきなどを人工知能を使って解析、判定してくれる。

特殊詐欺対策・東京都アカウント」の友だち追加は、「LINE」アプリで上のQRコードをスキャンすることで行える。画面上の「これって架空請求?」をタップすると、架空請求の疑いのあるはがきなどを人工知能を使って解析、判定してくれる。

画像: 東京都とLINEが「特殊詐欺対策」でタッグ!LINE公式アカウントで架空請求のAI分析や情報発信を開始

特殊詐欺対策・東京都アカウント

さらに、LINE公式アカウント「特殊詐欺対策・東京都アカウント」を開設し、被害防止のための啓発・情報発信などを行っていく。

文/特選街編集部

This article is a sponsored article by
''.