ある程度LINEについては知っているつもりでも、ある日、突然友だちからLINEでプリペイドカードを買うように頼まれたとする。これは「なりすまし」の可能性大だから注意。友だちのアカウントで不正にログインした人物からのメッセージは無視して、乗っ取られている友だちにLINEとは別の手段でその状況を伝えてあげよう。

<疑問と悩み>
「なりすましの被害がある」と聞き、不安なんだけど…

例えば、友だちからLINEで突然プリペイドカードを買うように頼まれたとする。これは「なりすまし」の可能性大だ。これを送ってきたのは友だち本人ではなく、友だちのアカウントで不正にログインした人物。当然、メッセージは無視して、乗っ取られている友だちにLINEとは別の手段でその状況を伝えてあげよう。

そもそもLINEにログインするにはIDとパスワードが必要。この情報が第三者の手に渡り、アカウントを勝手に使われてしまっているのが原因だ。IDとパスワードをほかのサービスで使い回していたり、生年月日や名前など推測されやすいパスワードにしていたりすると乗っ取られやすい。

万が一、乗っ取られた場合は、早急にパスワードを変更しよう。すでに第三者にパスワードが変更されている場合は、LINEの公式サイトの「ヘルプ」から、不正ログインされてしまったことを報告する必要がある。

●乗っ取られたらパスワードを変更

「ホーム」画面左上の歯車のアイコンをタップして「設定」を開く。「アカウント」→「パスワード」の順にタップして、パスワードを変更しよう。

画像1: ●乗っ取られたらパスワードを変更

「設定」の「アカウント」では、ログイン中の端末を確認できる。覚えのない端末がログインしている場合は、その端末をログアウトする。

画像2: ●乗っ取られたらパスワードを変更

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

This article is a sponsored article by
''.