【LINE】トークのマイクマークの使い方 音声を録音して「ボイスメッセージ」を送ろう

ガジェット

LINEの「ボイスメッセージ」という機能は、文字入力欄の右にあるマイクのアイコンをタップして、音声入力画面に切り替えて撮ることができる。最大30分の録音に対応。ボイスメッセージが送信された側は、トークルームに吹き出しが表示され、それをタップすると音声再生する。気軽につかってみよう。

<疑問と悩み>
トークの入力欄の横にあるマイクのマークは何?

LINEではメッセージのことを「トーク」と呼ぶ。「トーク」のタブをタップして、画面右上の吹き出しのアイコンをタップすると「トークルーム」を作成できる。「トーク」をタップして送信先を選択すると、「トークルーム」ができ、メッセージをやり取りすることができる。

トークを送信するには画面下部に表示された入力欄をタップし、メッセージを入力して紙飛行機のアイコンをタップする。その際、入力欄の右端に表示されたマイクのアイコンをタップすると、音声を入力してトークをやり取りする「ボイスメッセージ」が利用できる。マイクのボタンを押している間の音声が録音され、ボタンを離すと送信される仕組みだ。

●ボイスメッセージで文字入力を省略

❶文字入力欄の右にあるマイクのアイコンをタップすると、音声入力画面に切り替わる。最大30分の録音に対応する。

❷ボイスメッセージが送信されると、上記のような吹き出しが表示される。タップすると音声が再生される仕組みだ。

※本特集の画面写真は、一部Androidであることを明記しているもの以外は、基本的にiPhoneの画面です。

解説/村元正剛(ITライター)、今西絢美(ライター)

ガジェット知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース