【Atmoph Window2】窓型スマートディスプレイに注目!風景表示・音楽再生など多彩な機能が楽しめる「未来の窓」

リビング家電

「マンションの殺風景な壁に、開放感のある風景を映し出したい」という夢が結実した、アトモフの「Atmoph Window 2」。時計・天気、カレンダーなどの機能を重ねることができ、スマートスピーカーとも連係可能なデジタル窓だ。

風景表示、カレンダー、時計、音楽再生など、
多彩な機能が楽しめる

●アトモフ
Atmoph Window 2 (2020年1月発売予定)

巨大なフォトフレームのように見えるが、風景コンテンツに時計・天気、カレンダーなどの機能を重ねることができる窓形スマートディスプレイである。予約価格は4万8384円から。

「マンションの殺風景な壁に、開放感のある風景を映し出したい」という、元任天堂エンジニアの夢が結実したのが、アトモフの「Atmoph Window 2」である。

これは27型のディスプレイに、11ac(5Gヘルツ帯)のWi-Fiや、H.265対応の動画デコーダー、ストレージ、各種センサーを内蔵させたもの。

フレームは窓枠のようなデザインで、壁に掛けるとまるで本物の窓が現れたかのよう。フレームには、木製家具の最大手、カリモク家具製も選べ、インテリアとしても最適だ。

表示できる風景は、プロカメラマンが撮影した同社独自の4K画像・映像。窓の中身となるコンテンツを自前で作っているところにこだわりを感じる。

世界各国、1000ヵ所以上の風景が用意され、サンゴや水草の周りで魚が泳ぐアクアリウム画像やライブストリーミング映像などもそろい、今後もどんどんおもしろいものが登場しそうだ。

さらに、スマホで撮った写真を表示させることもできるし、本機を複数並べれば、大きな1枚の窓のようにして映し出すこともできる。

また、スマートディスプレイらしく、風景にカレンダーや時計・天気などを重ねたり、「Spotify」などの音楽配信サービスを利用したりすることも可能。

スマートスピーカーと連係可能な
スマートディスプレイ

GoogleアシスタントやAmazonのAlexaに対応しており、スマートスピーカーと連係して操作することもできる。

さらに、GoogleアシスタントやAmazonのAlexaに対応したスマートスピーカーと連係すれば、音声による操作もでき、「IFTTT」と呼ばれるサービスに対応させることで、「朝になったらカレンダーを表示する」といったカスタマイズも行える。

アイデアしだいで、使い方はいくらでも発展していきそうだ。まさに、未来を感じさせる窓といえる。

●解説/福多利夫
ホビーや家電、デジタルグッズが大好きで、その仕組みが気になっちゃうフリーライター。家電製品協会認定の家電総合アドバイザーでもある。

イラスト:中山昭(絵仕事 界屋)

リビング家電ガジェット
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース