自分のほぐしたい箇所に当てやすく、マッサージ効果が高い。ソファーや車のシートのように生地の質感もいい。パーソナルタイプのスピーカーや扇風機と同様、マッサージャーも首掛けスタイルが流行中。オムロンヘルスケアの「HM-150」は、コストや機能のバランスがよく、魅力的な一台だ。

今回のテストアイテムはこちら
オムロンヘルスケア HM-150

実売価格例:1万2830円

●プロフィール
パーソナルタイプのスピーカーや扇風機と同様、マッサージャーも首掛けスタイルが流行中。さまざまな製品が発売されているが、オムロンヘルスケアの新製品は、コストや機能のバランスがよく、魅力的な一台となっている。

画像: もみ玉の形状と回転方法を見直すことで、より本格的なもみ心地を実現。

もみ玉の形状と回転方法を見直すことで、より本格的なもみ心地を実現。

画像: マッサージスピードは、「速(29回/分)」「遅(22回/分)」の2段階。

マッサージスピードは、「速(29回/分)」「遅(22回/分)」の2段階。

SPEC
●もみ速度/2段階●動作時間/10分でオートパワーオフ●電源/AC100V(専用ACアダプター付属)●サイズ/幅360㎜×高さ490㎜×奥行き180㎜●重量/1.7kg

■もみ玉部分にヒーターを内蔵

画像: ヒーターを内蔵したもみ玉が、じんわりと温めながら凝りをほぐす。血行促進や疲労回復のほか、リラックス効果も◎。

ヒーターを内蔵したもみ玉が、じんわりと温めながら凝りをほぐす。血行促進や疲労回復のほか、リラックス効果も◎。

■両手で負荷をかけ、 強さをコントロール

画像: 両手で負荷をかけることで、強度がコントロールでき、安定感も得られる。もみ玉はスムーズに回転し、運転音が気にならないので、テレビを見ながらの使用も可能。

両手で負荷をかけることで、強度がコントロールでき、安定感も得られる。もみ玉はスムーズに回転し、運転音が気にならないので、テレビを見ながらの使用も可能。

もみ玉は回転方向を自由に変えられる

大型のマッサージチェアに全身をもみほぐされるのも至福だが、もっと手軽に凝りをほぐしたいという向きに人気なのが、パーソナルタイプのマッサージ機。

中でも、もみ玉部分を首に掛けて、両手で負荷をかける「ネックマッサージャー」が盛り上がりを見せている。実際に使ってみて、「なるほどなぁ」と納得。とても手っ取り早く使えるのだ。

左右に引っ張れば、もみ玉の位置調整ができるので、凝りのポイントを探りやすいほか、負荷の調節も自在。つまり、もみ玉位置やマッサージの強度を直感的に変えて、自分にちょうどいいマッサージを、自分のさじ加減で行うことができるのだ。

さらに本製品では、もみ玉の回転方向を変えられるリバース機能を搭載。内回りだと当たりづらい箇所でも、逆回りにするとしっかりほぐせたりするので、いろいろな凝りに到達しやすくなっている。凝りや筋肉疲労は、人によって千差万別だから、この仕様はありがたい。

ヒーターで温めながらもみほぐせる

もみ玉は、従来機種の二つから四つに増え、よりパワフルかつ本格的な動作を提供。首や肩だけでなく、腰や太もも、ふくらはぎなどにも使え、疲れをグリグリとほぐしてくれる。もみ玉はヒーター機能付きで、部位を温めながらもみほぐすことが可能だ。冬場はもちろんのこと、夏の冷房で冷えてしまった肩や腰にも心地よく使える。

他社の製品ではコードレス仕様のものもあるが、パワーとヒーター効果をしっかり出すため、本製品はあえてコード式となっている。また、充電不足で使えないという事態を防げるのも、コード式のメリット。使いたいときに確実に使える安心感も、製品の魅力につながっている。

おすすめ度…A

もみ玉を四つ搭載した首掛け式。自分の力加減で直感的にマッサージできる

ココが〇

自分のほぐしたい箇所に当てやすく、マッサージ効果が高い。ソファーや車のシートのように生地の質感もよく、チープな感じがしない。

ココが✕

カバーが外せず、汚れが気になるので、例えば、足裏などへの使用はためらわれる。コード式とコードレス式の両方式で使えると、よりうれしい。

※文中の「オススメ度」は、「A+」から「C-」までの9段階評価になっています。

文/諏訪圭伊子(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.