最大の特徴は、最大9.6Gbps(理論値)にも及ぶ超高速通信が可能な点。ここでは、バッファロー「WXR-5950AX12」とTP-Link「Archer AX6000」、エレコム「WRC-X3000GS」を紹介する。さらにiPhone11シリーズはWi-Fi6に対応しており、これからのスタンダードとして覚えておこう。

Wi-Fiがより速く、安定する新規格「Wi-Fi6」が、これからのスタンダード

Wi-Fi(ワイ ファイ)6と聞いてもピンとこないかもしれないが、最新の無線LAN規格「IEEE(アイトリプリー)802.11ax」と同じものである。

無線LANは従来、IEEE802.11acやIEEE802.11nといった規格名称そのままで呼ばれており、覚えにくいという声が多かった。そこで、より親しみやすいようにしようという配慮により、各規格の愛称として「Wi-Fi+世代数」という命名ルールを採用することになった。Wi-Fi6は「第6世代のWi-Fi」を意味する。ちなみに、11acはWi-Fi5となる。

Wi-Fi6の最大の特徴は、最大9.6Gbps(理論値)にも及ぶ超高速通信が可能な点。さらに、2.4G&5Gヘルツ帯の両方に対応するほか、同時接続端末数も最大8台に増加するなど、通信の安定性も格段に向上している。また、スマホの通信回線がより高速な5Gへ移行していく中、それにピッタリ合うのがWi-Fi6という側面もある。

Wi-Fi6が普及するには、Wi-Fiルーターと端末(スマホやパソコンなど)の両方が対応していなければならないが、すでに、Wi-Fiルーターは、国内最大手であるバッファローが対応機種を発表。

バッファロー
WXR-5950AX12

実売価格例:4万8620円

画像: 世界初のWi-Fi6の認証取得ルーターで、最大10GbpsのWAN/LANにも対応。高性能な2.2GヘルツクアッドコアCPUを搭載し、大容量のデータ通信も安定してこなせる。

世界初のWi-Fi6の認証取得ルーターで、最大10GbpsのWAN/LANにも対応。高性能な2.2GヘルツクアッドコアCPUを搭載し、大容量のデータ通信も安定してこなせる。

エレコムやTP-Linkといったメーカーも参入し、従来から展開するASUS(エイエース)やネットギアなども含め、ラインアップが充実。

TP-Link
Archer AX6000

実売価格例:3万9380円

画像: 8本の外部アンテナを採用し、広範囲のワイヤレス通信を実現。通信速度は5Gヘルツ帯が最大4804Mbps、2.4Gヘルツ帯は最大1148Mbpsだ。

8本の外部アンテナを採用し、広範囲のワイヤレス通信を実現。通信速度は5Gヘルツ帯が最大4804Mbps、2.4Gヘルツ帯は最大1148Mbpsだ。

エレコム
WRC-X3000GS

実売価格例:2万300円

画像: 内蔵アンテナを搭載したコンパクトなWi-Fi6ルーター。最大通信速度を2402Mbpsに抑え、実売で2万円前後という低価格を実現している。

内蔵アンテナを搭載したコンパクトなWi-Fi6ルーター。最大通信速度を2402Mbpsに抑え、実売で2万円前後という低価格を実現している。

スマホでは、アップルのiPhone11シリーズなど、一部の最新機種が対応しており、パソコンも、マイクロソフトのSurface(サーフェス)Pro7など、対応機種が今後登場する予定。年末にかけて、Wi-Fi6ルーターの人気が高まっていきそうだ。

iPhone11シリーズはWi-Fi6に対応

画像: 人気のiPhoneは、最新の11シリーズですでにWi-Fi6に対応済み。Wi-Fi6対応ルーターと組み合わせれば、爆速環境が実現できる。

人気のiPhoneは、最新の11シリーズですでにWi-Fi6に対応済み。Wi-Fi6対応ルーターと組み合わせれば、爆速環境が実現できる。

※価格は記事作成時のものです。
文/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.