新製品の発表がラッシュを迎えている。シグマは初のフルサイズミラーレス「fp」、富士フィルムは「X-Pro3」。リコーは、ペンタックス100周年のイベントで、APS-Cの一眼レフの開発。ミラーレスが主流の中、あえて一眼レフの新製品を投入するあたり、ファンを大切にするペンタックスならではの独自性を感じた。

新製品の発表ラッシュ!

新コンセプトのミラーレス機のほか、一眼レフの新製品も発売が予定されている!

2019年秋には、各社から新製品の発売や開発が続々と発表された。
シグマ初のフルサイズミラーレス、fpは、10月25日発売。ファインダーや機械シャッターを省いたコンパクトボディが特徴で、ライカやパナソニックと同じLマウントを採用し、レンズを共用できる。

富士フイルムX-Pro3は背面の液晶が隠れている独特のデザイン。「撮影直後に画像を確認するのではなく、かつての銀塩カメラのようなスタイルで撮影してみよう」というメッセージだ。デジタルに慣れ切った現状でどう評価されるかは未知数だが、大胆な試みには期待が膨らむ。

リコーは、ペンタックス100周年のイベントで、APS-Cの一眼レフの開発を発表。ミラーレスが主流の中、あえて一眼レフの新製品を投入するあたり、ファンを大切にするペンタックスならではの独自性が感じられる。

フルサイズながらコンパクト

シグマ fp
実売価格例:22万円(ボディ)

画像: 幅112.6ミリ、撮影時重量422グラムと、APS-C機並みの小型・軽量ボディ。動画もRAWデータで記録が可能になる。

幅112.6ミリ、撮影時重量422グラムと、APS-C機並みの小型・軽量ボディ。動画もRAWデータで記録が可能になる。

富士フィルム X-Pro

画像: 原稿執筆時、富士フイルムのウエブサイトではX-Pro3のティザー広告を展開中だった。本格的な情報公開が楽しみだ。

原稿執筆時、富士フイルムのウエブサイトではX-Pro3のティザー広告を展開中だった。本格的な情報公開が楽しみだ。

解説/岡田清孝(カメラマン)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.