秋から冬、家電量販店にはたくさんの暖房器具が並んでいます。その中から今回は、高性能な電気ヒーター3機種を紹介したいと思います。具体的には、ダイキンのセラムヒート、デロンギのオイルヒーター、ダイソンのHot+Coolです。どれも、知名度は高いのですが、そのわりによく理解されていなかったりします。買ってから後悔しないために、それぞれの特徴を理解しておきましょう。

高性能電気ヒーターの特徴

「すごい!」と言われる一方で、向き不向きの差が大きい3台。

電気を使う暖房器具にはたくさんの種類がありますが、それぞれ特徴があります。
それを知らずに買いに行くと選ぶのが難しいし、自分に合わない器具を買ってしまう可能性もあります。
暖房器具全般の特徴については、こちらの記事(暖房器具のおすすめ 種類と特徴を徹底比較)を参照してください。

また、いわゆる電気ストーブの中にも多くの種類があります。
これに関しては、こちらの記事(電気ストーブのおすすめ 種類と値段の違いはコレ!)が参考になります。

といったことを踏まえて、今回は電気を使って温めるヒーターの中から高性能な機種を3台ご紹介します。
どれも、部屋にあると「お、すげぇ!」と言われそうですが、実は向き不向きの落差が大きい製品です。つまり「これはいい!」という人がいる一方で、「これは違うな」という人も多いのです。
それぞれの機器の特徴を、よ~く理解しておきましょう。

第3位
ダイキン・セラムヒート
ERFT11VS-W

電気ストーブの中では最高クラスのハイパワー。

エアコンなどの空調機器で世界1位のダイキン工業から発売されている電気ストーブです。
電気ストーブ選びの記事の中でも書いていますが、電気ストーブはヒーター管の違いで暖かさに差がでます。
ダイキンのセラムヒートはシーズヒーターの仲間ですが、金属製の丈夫なヒーター管にセラミックコーティングを施して、一般的なシーズヒーターより多くの遠赤外線をより遠くまで飛ばすことができます。

画像1: 【電気ヒーターのおすすめ2019】高性能で人気のデロンギとダイソン 気になる電気代は?
ダイキン
遠赤外線ストーブ セラムヒート
ERFT11VS-W
色は、ホワイトの他にダークグレーがある。横向きにして使うことも可能。
▼シンプルモダンなデザイン▼清潔感のあるマットホワイト▼人感センサーを搭載▼デジタルW表示▼立ち上げ時にすばやく暖める「速暖モード」▼あたためすぎセーブ「温度モード」▼体の芯まで暖かい▼たたみ一畳離れても全身ポカポカ▼自分好みのあたたかさ▼ヒーター部の明るさ1ルクス程度▼衝撃・水にも強いヒーター管

また、操作ダイヤルで300Wから1100Wまで出力を切り替えることができるほか、首振りやタイマー、人感センサーも備えています。さらに、ヒーター管の角度を上下に変えられる(チルト)ほか、首を横向きにして幅広タイプの器具として使うこともできます。

ただし、あくまでも電気ストーブの仲間です。
遠赤外線の量が多いので暖かさは抜群ですが、温風が出てくるわけではありません。長くつけておけば少しずつ室内温度が上がりますが、基本的に部屋の温度を上げることを目的とした器具ではありません。

電気代は、最強の状態(1100W)で使うと、1時間あたり30円くらい(東京電力の従量電灯Bの3段料金で計算)。
しかし、もっと弱くして使うことが多いと思われます。今回紹介している3機種の中では消費電力を抑えやすい製品といえるでしょう。

第2位
デロンギ・オイルヒーター
RHJ35M1015-LG

長時間かけて、じんわり暖めるやさしいヒーター

「デロンギ」というメーカー名が、実質的に製品名のようになっているオイルヒーター。
知名度も注目度も高いのですが、メリットが大きい反面、デメリットもあります。
よく知らずに買うと後悔する暖房器具No.1ではないかと思います。

しくみとしては、金属製のフィンの中にオイル(油)が入っていて、このオイルを電気で温めます。すると、フィン全体からジワジワと暖かさが出て、部屋全体をじんわりと温めてくれます。

メリットは、安全性が高いこと。そして、火を燃やさないので室内の空気を汚さないこと。
つまり、他の方式に比べると換気が少なくてすみます。こうしたことから、小さなお子さんがいる家、病気や介護で長く寝ている人がいる部屋などに最適です。
また、オイルが漏れたとか、オイル交換が必要といった話は聞いたことがありません。メンテナンスの手間が少ないのも良い点です。

画像2: 【電気ヒーターのおすすめ2019】高性能で人気のデロンギとダイソン 気になる電気代は?
デロンギ
アミカルド オイルヒーター
RHJ35M1015-LG
これ以外にも、対応する部屋の広さや出力の違いで複数の製品がある。
▼お部屋全体が陽だまりのような暖かさに、家族にやさしいプレミアムな暖房デロンギのオイルヒーター。▼安心と安全を追及したクリーンな暖房。▼今回ご紹介するアミカルドオイルヒーターはデロンギ史上最も操作しやすいモデルを目指し、クリックノブ式の2つの大きなディスプレイを搭載しました。▼ノブをまわすだけで簡単に温度設定やタイマー設定が可能。

一方、暖かい風がブワ~っと出てくることはありません。
あくまでも、長時間つけておくと、じんわり温めてくれる器具です。また、上位機種は出力の切り替えができますが、最強だと消費電力が1500W。この状態で1時間つけておくと電気代が40円近くになります(東京電力の従量電灯Bの3段料金で計算)。しかも、何時間も使うものなので、購入前に電気代のシミュレーションを忘れずに。

電気代対策としては、複数の製品があるので部屋の広さに合った製品を選ぶこと。
また、利用する場所を南向きの日当たりのいい部屋に限定して、設定温度を低くしたり利用時間を短くする。さらに、たとえば東京電力の管内なら「夜とくプラン」など、夜間の電気代が安くなる契約にして夜だけ使うといった方法があります。
他の電力会社でも複数の料金プランが用意されているので、利用状況にあったプランを検討してみてください。

なお、デロンギ以外のメーカーからも同じしくみのオイルヒーターが発売されています。

第1位
ダイソン Pure Hot + Cool Link
HP04WS N

きれいな温風が部屋中に届く力強いヒーター

もともと「羽のない扇風機」として有名になった製品が進化して、今は空気清浄機+扇風機+電気ヒーターになっています(別途、空気清浄機+扇風機という製品もあります)。ちなみに、Pureは空気清浄機を表し、Hotはヒーター、Coolは扇風機を表しています。最後のLinkは、スマホアプリに対応しているという意味で、「ダイソン・ピュア・ホット・アンド・クール・リンク」と読みます。

こう書くと、ほどほどの機能の組み合わせのようなイメージを持つ人がいるのですが、実はどの機能もトップクラスの高性能です。

まず、空気清浄機はPM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去します。この数字、他社製品と比較すると最も高性能な数値となっています。さらに、煙や臭い、スプレー缶に含まれる有害ガスを吸着する活性炭フィルターも備えています。

次に、扇風機の機能。よく誤解されるのですが、エアコンのように空気を冷やす機能はありません。扇風機なので室温のままです。ただし、高性能な空気清浄機を通してきれいになった風が出てきます。

最後に、本題のヒーター機能です。しくみとしては、空気清浄機を通してきれいにした空気を、扇風機として吐き出すまえに内部の熱源で温めます。製品ジャンルとしては、セラミックファンヒーターになりますが、電気ヒーターの中では最もパワフルです。

画像3: 【電気ヒーターのおすすめ2019】高性能で人気のデロンギとダイソン 気になる電気代は?
ダイソン Dyson
Pure Hot + Cool™
HP04WSN HP 04 WS N
色は、このホワイト/シルバー(WS)の他にアイアン/ブルー(IB)がある。
▼夏は扇風機として、冬はヒーターとして▼PM 0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去▼アプリで離れていても室内環境をコントロール・本体寸法:幅248×奥行248×高さ764mm・消費電力:最大1400W(温風モード使用時)

消費電力は、ヒーターとして使っているときは1400W。なので、1時間つけっぱなしにすると30円台後半の電気代がかかります(東京電力の従量電灯Bの3段料金で計算)。ただし、設定した室温まで上がると、しばらく温風が止まります。そして、寒くなってくると設定した温度に上がるまで温風を出す方式。そのため、常に40円近い電気代がかかるわけではありません。

基本的には、消費電力1400Wの電気ヒーターなので、同じくらいの性能のセラミックファンヒーターと比べて極端にパワフルということはないと思います。ただ、もともと高性能な扇風機という機能があるので、温めた空気を遠くまで送り届ける、部屋中に巡回させるパワーがあります。そのためダイソンは、他のメーカーの機種と比べて「最も暖める力が強い」といっています。

本体を前後に傾けたまま首振りもできるし、タイマーもあります。また、無料アプリを使ってスマホから操作したり、スマホの画面で使用状況を確認したり、曜日ごとにスケジュールを作ることもできます。たとえば、平日は朝6時になったら暖房運転を始めて8時になったら自動的に止めるといった使い方が可能です。

まとめ

今回紹介した3台は、どれも優れた製品だと思います。
しかし、それぞれの特徴を知って、適材適所で使わないと期待どおりの効果を得ることはできないでしょう。
他の記事でも書いていますが、暖房器具は1台で家全体あるいは部屋全体を暖めるのは難しいものです。全体的な暖房計画を考えながら、今回紹介した器具を上手に配置して暖かい冬をお過ごしいただければと思います。

電気代に関しては、こちらの記事(電気ストーブのおすすめ 電気代の目安と消費電力)も参考になります。

高山とほ(プロダクトライター)

約5年に渡って家電量販店の店頭に立ち、いろいろなお客様に対応した経験から「それぞれのお客様にとって最適な製品を選ぶポイントを的確に伝える」ことをモットーにしているモノ派のライター。学生時代に工業デザインを学び、日本製家電の黄金期に郷愁を感じる世代。アウトドアを好み、道具にはこだわるほう。

This article is a sponsored article by
''.