根強い人気が続く一眼レフ。ここでは、キヤノン「EOS M6 Mark Ⅲ」、パナソニックを始めシグマやソニー、富士フイルムなど10万円以上の機種をチェック。マイクロフォーサーズの「DC-G9」は静止画重視派におすすめ。また動画機能なら「DC-GH5」だ。パナソニックの2機種は共に高級機ならではの機能の充実ぶりと操作性の良さ、実売価格も含めて買い得感が見逃せない。

ミラーレス10万円以上
3250万画素&新画像エンジンで高精細と高感度を両立
キヤノン EOS M6 MarkⅡ

キヤノン
EOS M6 MarkⅡ
2019年9月発売

画像1: ミラーレス10万円以上 3250万画素&新画像エンジンで高精細と高感度を両立 キヤノン EOS M6 MarkⅡ
実売価格例:12万6500円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
3250万ISO 5万1200143点14コマ/秒
幅119.6mm×高さ70mm×奥行き49.2mm・408g
画像1: 【2019年まとめ】10万円台のミラーレス一眼のおすすめはコレ!13機種を徹底比較

AFとMFを素早く切り替えられるフォーカスモードスイッチを新装備。自分撮りも対応。

画像: 撮影データ●18-150㎜レンズ(59㎜)●F5.6●1/100秒●絞り優先AE●露出補正ー0.7●ISO5000

撮影データ●18-150㎜レンズ(59㎜)●F5.6●1/100秒●絞り優先AE●露出補正ー0.7●ISO5000

暗い場所でもノイズが少ない
画像処理エンジン、DIGIC8で高感度化も実現。薄暗い室内でISO5000の高感度で撮ったが、ノイズも少なくディテール再現も良好だ。

画像2: ミラーレス10万円以上 3250万画素&新画像エンジンで高精細と高感度を両立 キヤノン EOS M6 MarkⅡ

APS-Cサイズ機としては初の有効3250万画素撮像センサーを搭載。緻密な表現力が必要となる自然風景などで有利となる。一方、シャッターボタンを押す0.5秒前から30コマ/秒の超高速連写が可能なRAWバーストモードなどにより、動く被写体にも強い。

動く人物にもピントを合わせ続けられる瞳サーボAF、自分撮り対応チルト式モニターなども搭載。グリップ部の前後に二つの電子ダイヤルを装備し、ボタン類のカスタマイズも柔軟に行える。

画像3: ミラーレス10万円以上 3250万画素&新画像エンジンで高精細と高感度を両立 キヤノン EOS M6 MarkⅡ

ボディ内手ブレ補正がなく、使用するレンズによっては手ブレの心配がある。交換レンズは、サードパーティー製も含めて、選択肢が少ないのも物足りない。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★★   
機能性 ★★★★   
操作性 ★★★★  
取り回し ★★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★  

ミラーレス10万円以上
全押しの1秒前まで残せ、シャッターチャンスを逃さない
パナソニック DC-G99

画像1: ミラーレス10万円以上 全押しの1秒前まで残せ、シャッターチャンスを逃さない パナソニック DC-G99

パナソニック
DC-G99
2019年5月発売

実売価格例:12万6510円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2030万ISO 2万560049点9コマ/秒
幅130.4mm×高さ93.5mm×奥行き77.4mm・536g
画像2: 【2019年まとめ】10万円台のミラーレス一眼のおすすめはコレ!13機種を徹底比較

モニターはタッチパネル内蔵のバリアングル式。236万ドットEVFも搭載する。

画像: 撮影データ●12-60㎜レンズ(46㎜)●F5.6●1/100秒●絞り優先AE●露出補正ー1.0●ISO200

撮影データ●12-60㎜レンズ(46㎜)●F5.6●1/100秒●絞り優先AE●露出補正ー1.0●ISO200

上位機譲りの質感と立体感
絵づくりはDC-G9と同様、リアルな質感と立体感が好ましい。発色も落ち着いた印象。手ブレ補正の効果も高く、ピント合わせも快適だ。

画像2: ミラーレス10万円以上 全押しの1秒前まで残せ、シャッターチャンスを逃さない パナソニック DC-G99

上位機のDC-G9の絵づくりを継承するモデルとして登場したのがG99。防塵・防滴処理が施された一眼レフスタイルのボディに、見やすさ重視の大型EVFや瞳AF、空間認識AF、Dual (デュアル)IS2といった装備・機能が充実している。

30コマ/秒の超高速で、動きの中の一瞬を記録できる4Kフォトを装備。全押しする1秒前の瞬間まで残せるプリ記録が可能なので、シャッターチャンスを逃がしにくいのもうれしい。

画像3: ミラーレス10万円以上 全押しの1秒前まで残せ、シャッターチャンスを逃さない パナソニック DC-G99

フル画素での連写はAF追従で最高6コマ/秒と、あまり速くない。センサーサイズが小さいこともあって、高感度にはやや弱い。大がらで重さもあるので、軽快さ重視だと選びづらい。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★   
機能性 ★★★   
操作性 ★★★★★  
取り回し ★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★  

ミラーレス10万円以上
高い基本性能と操作性を備えたαシリーズの中核モデル
ソニー α6400

画像1: ミラーレス10万円以上 高い基本性能と操作性を備えたαシリーズの中核モデル ソニー α6400

ソニー
α6400
2019年2月発売

実売価格例:11万7460円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2430万ISO 10万2400425点11コマ/秒
幅120mm×高さ66.9mm×奥行き49.9mm・403g
画像2: ミラーレス10万円以上 高い基本性能と操作性を備えたαシリーズの中核モデル ソニー α6400

α6000シリーズの中核モデルで、α6100の上位に位置づけられる。位相差425点のハイブリッドAFや自分撮り対応のチルト式モニターなどは共通だが、EVFの解像度が236万ドットにアップしているほか、AF/MF/AEL切り替えレバーを備えているなどの違いがある。

画像3: ミラーレス10万円以上 高い基本性能と操作性を備えたαシリーズの中核モデル ソニー α6400

グリップが低いので、重めのレンズを装着したときのホールド感が弱い。ボディ内手ブレ補正がない。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
静止画の画質はハイエンドクラス。ピント合わせが難しい
シグマ sd Quattro H

画像1: ミラーレス10万円以上 静止画の画質はハイエンドクラス。ピント合わせが難しい シグマ sd Quattro H

シグマ
sd Quattro H
2019年12月発売

実売価格例:11万6430円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
3860万ISO 64009点3.6コマ/秒
幅147mm×高さ95.1mm×奥行き90.8mm・635g
画像2: ミラーレス10万円以上 静止画の画質はハイエンドクラス。ピント合わせが難しい シグマ sd Quattro H

sd Quattroの兄貴分で、同じボディに一まわり大きなAPS-HサイズのFoveon X3センサーを搭載する。画面サイズが大きくなったぶん、画素数も増えており、静止画の画質ならハイエンドクラスといっていい。

画像3: ミラーレス10万円以上 静止画の画質はハイエンドクラス。ピント合わせが難しい シグマ sd Quattro H

sd Quattroも同じだが、EVFの表示映像が粗く、正確なピント合わせが難しい。また、レスポンスや高感度の画質などの弱みも共通している。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★★★  
機能性 ★★★  
操作性 ★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
4.5段分の5軸手ブレ補正を搭載。ホールド性も良好
ソニー α7 Ⅱ

画像1: ミラーレス10万円以上 4.5段分の5軸手ブレ補正を搭載。ホールド性も良好 ソニー α7 Ⅱ

ソニー
α7 Ⅱ
2014年12月発売

実売価格例:13万4330円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2430万ISO 2万5600117点5コマ/秒
幅126.9mm×高さ95.7mm×奥行き59.7mm・599g
画像2: ミラーレス10万円以上 4.5段分の5軸手ブレ補正を搭載。ホールド性も良好 ソニー α7 Ⅱ

フルサイズミラーレスの元祖、α7の2代目モデル。4.5段分の効果を持つボディ内5軸手ブレ補正を搭載。先代に比べてAFをはじめ、さまざまな部分でスペックアップしたほか、ホールド性や操作性も向上した。後継機もあり、発売時より3割ほど安くなっている。

画像3: ミラーレス10万円以上 4.5段分の5軸手ブレ補正を搭載。ホールド性も良好 ソニー α7 Ⅱ

位相差AFのカバーエリアは狭めで、連写も5コマ/秒と遅く、スポーツ系の撮影には物足りない。メニューの構造がわかりづらい。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★  
操作性 ★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★★ 

ミラーレス10万円以上
最新のエンジンで瞳AFの追従精度や連写速度が向上
富士フィルム X-T30

画像1: ミラーレス10万円以上 最新のエンジンで瞳AFの追従精度や連写速度が向上 富士フィルム X-T30

富士フイルム
X-T30
2019年3月発売

実売価格例:11万8250円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2610万ISO 5万1200425点8コマ/秒
幅118.4mm×高さ82.8mm×奥行き46.8mm・383g
画像2: ミラーレス10万円以上 最新のエンジンで瞳AFの追従精度や連写速度が向上 富士フィルム X-T30

見た目は先代のX-T20に近いが、撮像センサーと画像処理エンジンは最新バージョンに変更。高速な位相差AFのカバーエリアが画面のほぼ全域に広がったほか、瞳AFの追従精度が従来の2倍に向上。電子シャッターフル画素での連写最高速も20コマ/秒にアップするなど、大幅に強化されている。

画像3: ミラーレス10万円以上 最新のエンジンで瞳AFの追従精度や連写速度が向上 富士フィルム X-T30

モニターは普通のチルト式で、自分撮りには非対応。ボディ内手ブレ補正がないのも残念な点だ。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★ 
取り回し ★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
フルサイズEOSの入門モデル。瞳AFなど機能も充実
キヤノン EOS RP

画像1: ミラーレス10万円以上 フルサイズEOSの入門モデル。瞳AFなど機能も充実 キヤノン EOS RP

キヤノン
EOS RP
2019年3月発売

実売価格例:17万1477円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2620万ISO 10万24004779ポジション5コマ/秒
幅132.5mm×高さ85mm×奥行き70mm・485g
画像2: ミラーレス10万円以上 フルサイズEOSの入門モデル。瞳AFなど機能も充実 キヤノン EOS RP

入門者向けともいえる実売価格と、500グラムを切る軽さを実現したフルサイズ機。瞳AFや4K動画といったトレンド機能も充実している。グリップ上部に二つの電子ダイヤルを備えるほか、バリアングル式モニターなども搭載しており、快適な撮影が楽しめる。

画像3: ミラーレス10万円以上 フルサイズEOSの入門モデル。瞳AFなど機能も充実 キヤノン EOS RP

連写が5コマ/秒と遅く、電池のもちもよくない。ボディ内手ブレ補正がなく、本機に似合う軽快な交換レンズがまだ少ない。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★ 
取り回し ★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
6.5段分の驚異的な手ブレ補正。動体撮影にも強い
パナソニック DC-G9

画像1: ミラーレス10万円以上 6.5段分の驚異的な手ブレ補正。動体撮影にも強い パナソニック DC-G9

パナソニック
DC-G9
2018年1月発売

実売価格例:15万7080円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2033万ISO 2万5600225点20コマ/秒
幅123.7mm×高さ85mm×奥行き44.5mm・469g
画像2: ミラーレス10万円以上 6.5段分の驚異的な手ブレ補正。動体撮影にも強い パナソニック DC-G9

静止画のフラッグシップとして登場した高級機で、G9 PROの愛称を持つ。6.5段分という驚異的な効果を誇るボディ内手ブレ補正を搭載。フル画素で20コマ/秒のAF追従連写、1800万画素で30コマ/秒の6Kフォトなどで、動体撮影にも強い。2018年発売だが、値下がり幅が大きい。

画像3: ミラーレス10万円以上 6.5段分の驚異的な手ブレ補正。動体撮影にも強い パナソニック DC-G9

ジョイスティックでの測距点選択時に斜め移動ができない。ボディが大がらで、重いのも気になる。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★★ 

ミラーレス10万円以上
ボディ内手ブレ補正を搭載。上面にサブモニターも装備
富士フイルム X-H1

富士フイルム
X-H1
2018年3月発売

画像1: ミラーレス10万円以上 ボディ内手ブレ補正を搭載。上面にサブモニターも装備 富士フイルム X-H1
実売価格例:17万5040円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2430万ISO 5万1200325点8コマ/秒
幅139.8mm×高さ97.3mm×奥行き85.5mm・673g
画像2: ミラーレス10万円以上 ボディ内手ブレ補正を搭載。上面にサブモニターも装備 富士フイルム X-H1

X-Tシリーズの上位に当たるモデルで、ボディ内手ブレ補正を搭載。レンズの手ブレ補正と協調してより高い補正効果を発揮する。マグネシウム合金ボディの堅ろう性向上やグリップの大型化、上面のサブ液晶モニターなども見どころ。実売価格もこなれている。

画像3: ミラーレス10万円以上 ボディ内手ブレ補正を搭載。上面にサブモニターも装備 富士フイルム X-H1

位相差AFのカバーエリアが狭めで、動体撮影でフレーミングに制約が出る。撮像センサーやエンジンが一世代前なのも不利。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★★ 

ミラーレス10万円以上
センサーとエンジンを一新し、動く被写体に強くなった
富士フイルム X-T3

画像1: ミラーレス10万円以上 センサーとエンジンを一新し、動く被写体に強くなった 富士フイルム X-T3

富士フイルム
X-T3
2018年9月発売

実売価格例:17万1820円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2610万ISO 5万1200425点11コマ/秒
幅132.5mm×高さ92.8mm×奥行き58.8mm・539g
画像2: ミラーレス10万円以上 センサーとエンジンを一新し、動く被写体に強くなった 富士フイルム X-T3

一眼レフスタイルのX-T一桁シリーズ3代目。新型の撮像センサーと画像処理エンジンを搭載。高速な位相差AFのカバーエリアが広がって、動く被写体に強くなった。また、合焦スピードや瞳AFの追従性なども向上。縦位置でも、ロー/ハイアングル撮影が容易な3方向チルト式モニターも便利だ。

画像3: ミラーレス10万円以上 センサーとエンジンを一新し、動く被写体に強くなった 富士フイルム X-T3

グリップは浅めで、重いレンズを装着したときのホールド感が弱い。ボディ内手ブレ補正がない。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
二つのファインダーを持ち、オールドカメラ的な操作系
富士フィルム X-Pro2

画像1: ミラーレス10万円以上 二つのファインダーを持ち、オールドカメラ的な操作系 富士フィルム X-Pro2

富士フイルム
X-Pro2
2016年3月発売

実売価格例:18万8500円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2430万ISO 5万1200325点8コマ/秒
幅140.5mm×高さ82.8mm×奥行き45.9mm・495g
画像2: ミラーレス10万円以上 二つのファインダーを持ち、オールドカメラ的な操作系 富士フィルム X-Pro2

一眼レフスタイルのX-T一桁シリーズ3代目。新型の撮像センサーと画像処理エンジンを搭載。高速な位相差AFのカバーエリアが広がって、動く被写体に強くなった。また、合焦スピードや瞳AFの追従性なども向上。縦位置でも、ロー/ハイアングル撮影が容易な3方向チルト式モニターも便利だ。

画像3: ミラーレス10万円以上 二つのファインダーを持ち、オールドカメラ的な操作系 富士フィルム X-Pro2

撮像センサーや画像処理エンジンは一世代前のもので、新機種のほうが画質面では有利。位相差AFのカバーエリアも狭めだ。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

ミラーレス10万円以上
ソニー・APS-C機の最上位。機能/操作性とも向上
ソニー α6600

画像1: ミラーレス10万円以上 ソニー・APS-C機の最上位。機能/操作性とも向上 ソニー α6600

ソニー
α6600
2019年11月発売

実売価格例:17万5890円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2420万ISO 10万2400425点11コマ/秒
幅120mm×高さ66.9mm×奥行き59mm・503g
画像2: ミラーレス10万円以上 ソニー・APS-C機の最上位。機能/操作性とも向上 ソニー α6600

α6000シリーズの最上位モデル。位相差425点のハイブリッドAFや11コマ/秒連写などのハイスペックに加えて、α6400にはないボディ内手ブレ補正を内蔵。大容量バッテリーの採用、動画用ヘッドホン端子の装備などが魅力。グリップが大型化して握りやすくなったのも見どころだ。

画像3: ミラーレス10万円以上 ソニー・APS-C機の最上位。機能/操作性とも向上 ソニー α6600

α6400より100グラム重い。チルト式モニターは、縦位置のロー/ハイアングル撮影時に不便。

採点表 満点は5個
実写性能(評価なし)※
機能性 ★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★ 

※本機(ソニー・α6600)は実写テストができなかったため、
「実写性能」は「評価なし」としました。

ミラーレス10万円以上
4K/60p動画撮影など、プロ仕様の動画機能を搭載
パナソニック DC-GH5

画像1: ミラーレス10万円以上 4K/60p動画撮影など、プロ仕様の動画機能を搭載 パナソニック DC-GH5

パナソニック
DC-GH5
2017年4月発売

実売価格例:19万5118円(ボディ)
有効画素数最高感度AF測距点最高連写速度
2033万ISO 2万5600225点12コマ/秒
幅138.5mm×高さ98.1mm×奥行き87.4mm・725g
画像2: ミラーレス10万円以上 4K/60p動画撮影など、プロ仕様の動画機能を搭載 パナソニック DC-GH5

プロ仕様の動画機能を搭載した高級機。記録時間無制限の4K/60p動画撮影機能を搭載する。動く被写体にもしっかり追従する空間認識AF、レンズ側と連係するボディ内手ブレ補正、1800万画素で30コマ/秒連写が可能な6Kフォトなどのハイスペックを誇る。実売価格の値下がり幅もまずまず。

画像3: ミラーレス10万円以上 4K/60p動画撮影など、プロ仕様の動画機能を搭載 パナソニック DC-GH5

AF追従の連写は9コマ/秒で、高級機としてはもう一つ。フルサイズ機並みに大きくて重い。

採点表 満点は5個
実写性能 ★★★  
機能性 ★★★★★  
操作性 ★★★★★ 
取り回し ★★★ 
コストパフォーマンス ★★★★ 

まとめ

高級機らしい機能が充実したG9が静止画重視派におすすめ

10万円台のミドルクラスでは、星の数で3機種が並ぶ結果となった。
最新APS-Cサイズ機のEOS M6 MarkⅡは画素数を増やしつつ高感度画質も向上させているほか、AFと連写もパワーアップ。軽快で持ち歩きやすいことも魅力だ。カジュアルに楽しむにはいい。

マイクロフォーサーズのDC-G9とDC-GH5は高級機ならではの機能の充実ぶりと操作性のよさ、加えて実売価格がこなれている買い得感が見逃せない。静止画重視ならDC-G9、動画機能を重視するならDC-GH5を推す。

画像3: 【2019年まとめ】10万円台のミラーレス一眼のおすすめはコレ!13機種を徹底比較

6.5段分の手ブレ補正など高性能!
パナソニック
DC-G

◆解説/北村智史(カメラライター)

※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.