2019年11月22日に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王2』。公開に合わせて全国6都市7会場で、映画の世界観を体験できるスペシャルカフェがオープンしている。そこで、ベビーカーに乗った子供を連れて潜入レポート! 混雑状況や客層、人気メニューについて。ベビーカーで入店可能かどうか、おむつ替えや授乳はどうしたらいいかという、子連れでカフェへ行きたいママ達への疑問にお答えする。

『アナと雪の女王2』OH MY CAFEとは

『アナと雪の女王2』OH MY CAFEは、最新作『アナと雪の女王2』の世界観を表現したスペシャルカフェのこと。東京(原宿・二子玉川)、大阪、名古屋、札幌、福岡、京都に店舗がある。「エルサ」「アナ」「オラフ」達や新キャラクター達をモチーフにしたオリジナルメニューやグッズが登場し、人気を博している。

原則として、事前予約(公式サイトから)が必須。席に空きがある場合のみ、当日席にて入店できる可能性あり。アナ雪カフェの予約は、決済マネージメントサービス「hubsynch(ハブシンク)」への会員登録(無料)が必要。

画像: 等身大のエルサとオラフのフィギュアが、店の中央に飾られている

等身大のエルサとオラフのフィギュアが、店の中央に飾られている

入店のしかた

入店するときの注意点

筆者が訪れたのは、東京・東急プラザ表参道原宿店にあるOH MY CAFE TOKYO。映画が公開された後の11月の平日だ。初回11時10分~12時30分までの枠を事前ネット予約した。

画像1: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

入店時に気を付けたいことは3点。

①11時にならないと、カフェのある3階には入場できない。エレベーターも止まらない
※11時以前は、早朝より営業している店がある階のみエレベーターが止まる

②予約者全員がそろって入店する必要がある

③予約済のチケットをスマホで表示させて、店員さんに入店時に見せる

子連れの友達同士で来店する場合は、1人が遅刻するとみんなに迷惑をかけてしまうので要注意だ。80分間の時間制限があるので、せっかくなら80分間「アナ雪」の世界を満喫したい。また、荷物が多い子連れ移動で、入店時にスマホの準備ができていないと、あわててしまう。筆者もベビーカーと荷物と傘を持ち、予約画面にログインしてチケットを見せなければいけないので、列の後ろで待っている人の目を気にして、少し慌ててしまった。余裕をもって入店できるように、前もって準備をしておくのがおすすめだ。

画像: ベビーカー利用の場合は、明治通り沿いにあるエレベーターを使い、3階へ

ベビーカー利用の場合は、明治通り沿いにあるエレベーターを使い、3階へ

混雑状況や客層は?

当日入店はできる?

その日は、第2回11時50分~のみ満席という表示。11時の開店直後、100席ほどの店内を見渡すと、埋まっているのは半数ほど。予約しなくても入店できたのでは、と思ったが、必ずしもそうではないらしい。完全入れ替え制ではないため、初回は空きがあっても、40分後に入場する次の時間帯に予約が入っていれば、席を空けておく必要がある。そのため、席は沢山空いていても当日受付では入店できないことがある。

画像: 店頭には、その日の空き状況が張り出されている

店頭には、その日の空き状況が張り出されている

客層は、大人同士のグループと、子連れグループの割合が半々。どの子連れグループもテーブルの横にベビーカーをおいて着席できていた。

店員さんに聞くと、土日は予約で終日ほぼ満席。平日も、午前中は混雑しているため、予約なしで入店したいのなら、平日の午後の時間帯が比較的ねらい目だという。しかし、これからクリスマスシーズン、冬休み期間に入ることなども考えると、混雑が予想される。子供と一緒に行ってはみたものの入店できなかったということになりかねない。650円(税抜き)を支払ってでも、事前予約するのが確実である。

画像: 入店すると、まずアナの等身大フィギュアが出迎えてくれる

入店すると、まずアナの等身大フィギュアが出迎えてくれる

おすすめの人気メニュー「ベスト3」は?

店内装飾と合わせて、食事でもアナ雪の世界観を表現。ディズニーの栄養成分に関する基準に適合した、カロリー・塩分控えめな健康的なメニューのみが採用されている。人気メニューを独自に調査した。いずれも追加料金でカフェ限定デザインの容器を持ち帰ることができる。

1位
<エルサ>マフィンサンドとスープパスタのマジカルプレート~不思議な歌声に誘われて~

白い雪をイメージしたプレートには、クリームパスタと白いオムレツがのる。中央のエルサはモナカ、雪の結晶はパスタで出来ているので、全て食べることができた。他の客席を見ても、このメニューを注文している人が一番多かった。

画像: 1位 <エルサ>マフィンサンドとスープパスタのマジカルプレート~不思議な歌声に誘われて~

2位
<エルサ>爽やかレモンスムージー

エルサのドレスのカラーをイメージした美しい色のレモンスムージー。

画像2: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

3位
<アナ>欲張りサンドウィッチ&トマトスーププレート

前作で歌われるほど、アナの大好物サンドウィッチのプレート。今作でのアナの衣装をイメージした赤や紫で統一されている

画像3: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

注目メニュー
<サラマンダー>かけて楽しい!? 真っ赤なトマトカレー

今作で初登場するサラマンダーは、火の精霊。ということで、火をイメージしたトマトカレー。大人には辛さ控えめだが、幼児には辛いかなという筆者の感想だ。サラマンダーは大豆シートに描かれているため、このままパクっと食べられた。

画像: 注目メニュー <サラマンダー>かけて楽しい!? 真っ赤なトマトカレー

おすすめ人気グッズは?

何が出るかはお楽しみ!

カフェを利用しなくても、グッズ売り場には誰でも入店可能だ。今作のグッズは、大人の女性をターゲットとした落ち着いたデザインが多いことにも注目。中身が見えない袋に入っているオリジナル限定グッズは、何が出るかワクワクするゲーム感覚でお手ごろな価格で購入することができる。

アクリルキーホルダー(ランダム6種)500円

画像4: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

アクリルマグネット(ランダム5種)500円

画像5: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

オーナメント(ランダム5種)950円

画像6: snow.ohmycafe.jp
snow.ohmycafe.jp

おむつ替え台・授乳室はある?

東急プラザの設備を利用できる

赤ちゃん連れでお出かけする際、最も気になるのがおむつ替えと授乳場所。カフェの中にトイレはないが、カフェのある東急プラザ表参道原宿店の設備を利用できる。エレベーターを使用して、3階から5階に上がると、授乳室兼おむつ交換室がある。授乳室は女性専用だが、おむつ交換台は男性でも利用できるため、パパにお願いしている間に、ママはショッピングも楽しめそうだ。なお、女性用トイレは4階にあるが、ベビーカーと一緒に入る場合は、5階の誰でもトイレを利用しよう。

画像: 5階の授乳室兼おむつ交換室の入り口

5階の授乳室兼おむつ交換室の入り口

まとめ

赤ちゃん連れでも楽しめる「アナ雪カフェ」

店内では劇中歌が流れ、壁には予告映像も映し出され、アナ雪の世界にどっぷり浸れるカフェ。離乳食やミルクも持込可能なので、子供と一緒に楽しいランチ時間を過ごせる。
東京と大阪は1月13日まで。名古屋・札幌・福岡は1月19日まで。二子玉川(東京)は1月26日まで。最も遅くまでオープンしている京都会場は、2月2日まで楽しむことができる。
この冬は、家族や友達と一緒に、アナ雪の世界を存分に楽しみたい。

◆小嶋彩葉(フリーライター)
医療系広告代理店の勤務を経て、編集兼ライターとして独立。現在は、子育て・旅行・映画関連記事などを中心に執筆活動を行う。また、2児の母として、育児に奮闘中。

This article is a sponsored article by
''.