DVDは今も健在だ。また、DVDでしか発売されないタイトルというのが、今でもまだたくさんある。これは、DVD再生機(プレーヤー/レコーダー、パソコンなど)の普及率の高さが理由で、多くの人が再生・視聴できるという点が大きい。しかし『この状況がずっと続く』ということはない。

あなたの疑問にズバリお答え!
DVDのほうがBDより多いという状態は続く?

読者から質問

BD(ブルーレイディスク)ソフトが出てきて、DVDソフトはいずれなくなるのかと思っていましたが、いまだに残っています。むしろ、まだDVDのほうが多い気がします。この状態がずっと続くのでしょうか?? (T.Kさん 広島県 56歳)

専門家の回答

編集部:
これは、AVライターの鳥居一豊さんに聞きます。

専門家:
「フルHD画質のBD、そして4K画質のUHD BDが登場した今も、確かにDVDは健在です。また、DVDでしか発売されないタイトルというのが、今でもまだたくさんあります。これは、DVD再生機(プレーヤー/レコーダー、パソコンなど)の普及率の高さが理由で、多くの人が再生・視聴可能という点が大きいのでしょう。しかし、映像ソフト市場は、数年前に金額構成比でBDが50%を超えており、DVDソフトは減少傾向にあります。なので、『この状況がずっと続く』ということはないでしょう。

さらに、映像メディアとしては、現在急速に普及が進んでいるネット動画配信も見逃せません。利用するユーザー数も着実に伸びており、BDやDVDで発売されない配信タイトルもかなり増えてきています。

このように、映像メディアの世界は急速に変化してきています。 映像ソフトを所有したい熱心なファンもまだまだ多いので、すぐにDVDやBDが発売されなくなることはありませんが、映像ソフトの主流はネット動画に移行していくでしょう」

編集部:
ネット動画はスマホでも見られるなど、利便性が高いので、今後はさらに普及するでしょうね。了解しました!

This article is a sponsored article by
''.