BDよりDVDが多く発売されている理由は?

家電・AV

DVDは今も健在だ。また、DVDでしか発売されないタイトルというのが、今でもまだたくさんある。これは、DVD再生機(プレーヤー/レコーダー、パソコンなど)の普及率の高さが理由で、多くの人が再生・視聴できるという点が大きい。しかし『この状況がずっと続く』ということはない。

あなたの疑問にズバリお答え!
DVDのほうがBDより多いという状態は続く?

読者から質問

BD(ブルーレイディスク)ソフトが出てきて、DVDソフトはいずれなくなるのかと思っていましたが、いまだに残っています。むしろ、まだDVDのほうが多い気がします。この状態がずっと続くのでしょうか?? (T.Kさん 広島県 56歳)

専門家の回答

編集部:
これは、AVライターの鳥居一豊さんに聞きます。

専門家:
「フルHD画質のBD、そして4K画質のUHD BDが登場した今も、確かにDVDは健在です。また、DVDでしか発売されないタイトルというのが、今でもまだたくさんあります。これは、DVD再生機(プレーヤー/レコーダー、パソコンなど)の普及率の高さが理由で、多くの人が再生・視聴可能という点が大きいのでしょう。しかし、映像ソフト市場は、数年前に金額構成比でBDが50%を超えており、DVDソフトは減少傾向にあります。なので、『この状況がずっと続く』ということはないでしょう。

さらに、映像メディアとしては、現在急速に普及が進んでいるネット動画配信も見逃せません。利用するユーザー数も着実に伸びており、BDやDVDで発売されない配信タイトルもかなり増えてきています。

このように、映像メディアの世界は急速に変化してきています。 映像ソフトを所有したい熱心なファンもまだまだ多いので、すぐにDVDやBDが発売されなくなることはありませんが、映像ソフトの主流はネット動画に移行していくでしょう」

編集部:
ネット動画はスマホでも見られるなど、利便性が高いので、今後はさらに普及するでしょうね。了解しました!

家電・AV知識
シェアする
特選街web編集部

1979年に創刊された老舗商品情報誌「特選街」(マキノ出版)を起源とし、のちにウェブマガジン「特選街web」として生活に役立つ商品情報を発信。2023年6月よりブティック社が運営を引き継ぎ、同年7月に新編集部でリスタート。

特選街web編集部をフォローする
特選街web

PR

大切な愛車を守る“最後の砦”!データシステム『カースティールブロッカー』で乗り逃げを阻止する!【盗難防止】[PR]
ひと昔前と比べれば減少傾向にはあるものの、依然として自動車盗難が各地で発生している。ここ数年の盗難被害台数は、1年間で5000台以上! なかでも、プリウス、ランクル、レクサスLX、アルファードなどのトヨタ車に盗難事例が集中している。大切な愛...

PRニュース