次世代通信サービス「5G」が、間もなく商用化される。ドコモ、au、ソフトバンクとも2020年の春にかけてサービスを開始する予定。5Gの特徴は、「高速・大容量」「低遅延」「多端末接続」の3点だ。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
5G回線

5Gが来るというが、どういうもの? どこが変わる? いつ始まる?

次世代通信サービス「5G」が、間もなく商用化される。ドコモ、au、ソフトバンクとも2020年の春にかけてサービスを開始する予定だ。5Gの特徴は、「高速・大容量」「低遅延」「多端末接続」の3点。
サービス開始当初は、現行の4Gよりも高い周波数帯を使い、2G~3Gbps程度の高速回線を実現する見込みだ。これによって、動画が高精細になるほか、アングルをユーザー自身が切り替えられるコンテンツなどを提供するという。ゴーグルを通して、現実にデジタルの映像を重ねるAR(拡張現実)も期待される。
一方で、低遅延や多端末接続の実現はこれからで、クラウドでゲームをプレーする「クラウドゲーミング」などが可能になり、遠隔手術や遠隔操作、自動運転といった産業分野への応用も見据えられている。

画像: 5Gが来る というが、どういうもの? どこが変わる? いつ始まる?

5Gサービスの各社の取り組み例

ドコモの例
ラグビーW杯でマルチアングルやVR中継

auの例
ドローンレースをYouTubで4Kライブ中継

ソフトバンクの例
フジロックの会場内でVR配信や混雑状況の確認

解説/石野純也(ITジャーナリスト)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.