これまで、Androidに比べるとiPhoneは安全だといわれていたが、油断は禁物。OSの種別に関係なく、セキュリティ対策は講じておくべきだろう。

2020年版 スマートフォン選び方&使い方
セキュリティ

スマホ利用時の安全を守るため、これだけはやっておきたいこと

2019年10月に企業向けセキュリティを提供するワンデラという会社が、アップルのアプリ配信ストア、「AppStore(アップストア)」にマルウエアの「トロイの木馬」に感染した17個のアプリを発見したことが報じられた。これまで、Androidに比べるとiPhoneは安全だといわれていたが、油断は禁物。OSの種別に関係なく、セキュリティ対策は講じておくべきだろう。

スマホを安全に使うためには、OSを常に最新の状態にしておくように心がけたい。アップデートすることで、セキュリティも向上する。

Androidユーザーであれば、「設定」の「セキュリティ」から「セキュリティ アップデート」をチェックして最新の状態にしておこう。スマホを仕事にも使う場合は、セキュリティアプリもインストールすべきだろう。

システムは常に最新にしておこう

Androidは「設定」→「セキュリティ」→「セキュリティ アップデート」を要チェック。常に最新の状態にしておこう。「Google Play プロテクト」も同様にチェックするといい。

画像: ● システムは常に最新にしておこう

アバスト
スマホセキュリティ
提供・Avast Software

iPhone版はコチラ
Android版はコチラ

画像: マルウエア感染アプリを発見したり、Wi-Fi接続の安全性を確認したりできる。スマホにセキュリティアプリがプリインストールされている場合は、それを使ってもいい。iOS、Android対応。

マルウエア感染アプリを発見したり、Wi-Fi接続の安全性を確認したりできる。スマホにセキュリティアプリがプリインストールされている場合は、それを使ってもいい。iOS、Android対応。

解説/村元正剛(ITライター)
※価格は記事作成時のものです。

This article is a sponsored article by
''.