楽天ペイを利用するには「楽天ペイ」アプリが必要。楽天ペイのアプリは、楽天ポイントのカードも兼ねているため、現金などで買い物するときでも、「ポイントカード」をタップしてポイント用のバーコードをレジで店員に提示すれば、ポイントがたまる。

アプリを導入すると、楽天のポイントなどでも支払える

楽天ペイを利用するには「楽天ペイ」アプリが必要
まずはこれをダウンロード→インストールする。
アプリの初回起動時には、楽天会員としてのログインが必要となる。
楽天市場や楽天のポイント利用のために会員になっている人は、そのアカウントでログインすればいい。
非会員なら、そのままアプリから新規会員登録をする。

■楽天ペイアプリを導入しよう!
新規会員登録を行う

楽天会員ではない人は、アプリの初回起動時に新規に楽天会員の新規登録を行う。既存会員はログインすればいい。

画像1: アプリを導入すると、楽天のポイントなどでも支払える

次に、決済方法の登録だ。楽天ペイの場合、楽天が運営している楽天キャッシュという電子マネーを使える。楽天キャッシュは前払い専用で、チャージに使えるのは楽天銀行の口座か楽天カードのみとなっている。

また、楽天ペイは即時払いとして楽天のポイントが使えるほか、クレジットカードを登録しての後払いも可能。これに楽天カードを登録すると、楽天ペイの還元と楽天カードの還元の両方を受けられるというメリットがある。

■クレジットカードの登録
新規会員登録をすると、最終段階でクレジットカードの登録になる。このカードで楽天ペイの決済が行われることになる。

画像2: アプリを導入すると、楽天のポイントなどでも支払える

■ホーム画面がコード画面
アプリのホーム画面が、支払いコード画面になっている。この画面からポイントカード画面や、ポイント使用の設定画面に移れる。

画像3: アプリを導入すると、楽天のポイントなどでも支払える

楽天ペイのアプリは、楽天ポイントのカードも兼ねているため、現金などで買い物するときでも、「ポイントカード」をタップしてポイント用のバーコードをレジで店員に提示すれば、ポイントがたまる。
たまったポイントは楽天ペイの残高として使えるが、事前に「すべてのポイント/キャッシュを使う」の設定をしておく必要がある。標準設定のままでは、楽天ペイでの支払いのとき、ポイントは使われない。

■チャージは楽天銀行か楽天カードで
前払いとして「楽天キャッシュ」にチャージする場合、チャージ元は楽天銀行か楽天カードのみ。他社のものは使えない。

画像4: アプリを導入すると、楽天のポイントなどでも支払える

楽天ペイの仕様と特徴

使い方コード提示/コード読み取り
チャージ・
決済方法
前払い
楽天銀行からの楽天キャッシュへのチャージ、ラクマの売上金
即時払い
楽天スーパーポイント
後払い
クレジットカード
基本還元率1%(楽天カードとひもづけた場合)
利用限度額1回50万円(クレジットカードの場合)

楽天カードとの連係がお得!

楽天カード(年会費無料)と連係させると、楽天ペイの0.5%還元に加え、楽天カードの1%の還元が受けられるので、さらにお得。

キャッシュレス還元への対応は?

楽天スーパーポイントで還元。還元の上限額は5%対象店が1回2万5000円分、2%対象点が1回1万円分。

◆解説/福多利夫(フリーライター)

This article is a sponsored article by
''.