マナーモードと機内モードともにクイック設定からアクセス可能。マナーモードが、着信やメディアなどの音量設定を制限するのに対して、機内モードは、通話を含めたモバイルデータ通信やWi-Fi、ブルートゥースなどを制限することにある。

疑問と悩み 基本操作編
マナーモードと機内モードの違いがわからない

両者の違いは、マナーモードが、着信やメディアなどの音量設定を制限するのに対して、機内モードは、通話を含めたモバイルデータ通信やWi-Fi、ブルートゥースなどを制限することにある。マナーモードでは、バイブ(本体を振動させる機能)や各種音量などを設定することができる。機内モードは、一度オンにするとすべての通信機能がオフになるが、Wi-Fiのみを個別にオンにするといったことも可能だ。

画像1: 【スマホの疑問】マナーモードと機内モードの違いとは?

音量設定と通信設定の違いに注目

画像2: 【スマホの疑問】マナーモードと機内モードの違いとは?

マナーモード機内モードともにクイック設定からアクセス可能。使いやすい位置に並べておきたい。

画像3: 【スマホの疑問】マナーモードと機内モードの違いとは?

マナーモード中でも、バイブの有無やメディアファイルの再生音量などは、随時変更することが可能だ。

◆解説/篠原義夫(ガジェットライター)

This article is a sponsored article by
''.