「服借り放題」というキャッチフレーズで話題になった「メチャカリ」。定額制でファッションの悩みから解放されると評判ですが、いまいち仕組みが分からない人も多いはず。そこで本記事では、メチャカリの基本的な情報を簡潔に解説。主なメリットからどんな人におすすめかも紹介しているので参考にしてください。

メチャカリの基本情報

画像: メチャカリの基本情報

【基本情報】

月額料金5,800円(税別)
レンタル枠3
レンタル回数無制限
クリーニング不要
買取割引5%OFF
返却手数料(1回)380円(税別)

メチャカリの仕組みを簡単に説明すると、「新品のアイテムを3点までレンタルでき、返却することで何度でも新しい服を利用できる」ということになります。
例えば「ワンピース+カーディガン+スウェット」をレンタルした後に、ワンピースを返却すれば新たに1点のアイテムが借りられるようになります。

また、アイテムの返却時に、手数料として380円(税別)が発生するものの、クリーニング不要で返却できるので利便性は非常に高いです。

レンタル回数自体は無制限で、実質「借り放題」なので、「衣服でクローゼットがパンパンになる」「毎シーズン出費がかさむ」といった人におすすめです。

アップグレードプランも存在

メチャカリには、ベーシックなプラン以外にも、スタンダード、プレミアムプランが存在します。

【基本情報】

プラン名スタンダードプレミアム
月額料金7,800円(税別)9,800円(税別)
レンタル枠45
レンタル回数無制限無制限
クリーニング不要不要
買取割引10%OFF15%OFF
返却手数料(1回)380円(税別)380円(税別)

ベーシックプランとスタンダードプラン、プレミアムプランの大きな違いは「月額料金」と「レンタル回数」の2つ。毎月の支払いが2,000円増えるにつき、レンタルできるアイテム数が1点増える計算です。

また、気に入ったアイテムの買取時の割引もお得になっており、プレミアムプランでは表示価格の15%OFFまで設定されています。

メチャカリのメリット

新品を買うより圧倒的にお得

メチャカリ最大のメリットは、何といっても「新品を買うよりも圧倒的にお得」な点。Tシャツ1枚4,000円、アウター1着20,000円以上もするこのご時世で、毎月5,800円の支払いでトータルコーデができます。

例)トップス+ボトムス+アウターをレンタル

コーディネートに強いこだわりがある人なら少し物足りないかもしれませんが、「毎シーズンしっかりトレンドを追いたい」「プライベートやビジネススタイルにも柔軟に対応したい」といった需要にはしっかり答えることができます。

60日を過ぎたアイテムがもらえる

画像: 60日を過ぎたアイテムがもらえる

メチャカリ独自の特徴として、「レンタル期間が60日を過ぎたアイテムをもらうことができる」という点が挙げられます。例えばワンピースをメチャカリでレンタルした場合、60日間にわたって借りているとそのままタダでもらえちゃうというわけです。

メチャカリではレンタルして終わりではなく、本当に気に入ったアイテムを自分のものにできるといった魅力があります。

ブランドの種類が豊富

画像: ブランドの種類が豊富

メチャカリでは、ビジネスからプライベートまでカバーできるように、様々なブランドが網羅されています。

【ブランド一覧】

  • earth music&ecology
  • E hyphen world gallery
  • Samansa Mos2 Lagom
  • koe
  • AMERICAN HOLIC
  • Samansa Mos2
  • Te chichi
  • SEVENDAYS=SUNDAY
  • Green Parks
  • YECCA VECCA など

今まで買ったことのないブランドのアイテムもレンタルできるので、新しいファッションにチャレンジできる絶好の機会。「気分で服装を変えたい」という人にとっては、まさに頼れる味方になってくれるサービスになっています。

まとめ

今回は話題のファッションレンタルサービス「メチャカリ」について解説しました。

最大の特徴は「新品のアイテムが定額で借り放題」という点で、服をあまり多く持ちたくない人におすすめのサービスです。また60日間レンタルし続けると、タダでアイテムがもらえるといったメリットもあります。

月額たった5,800円(税別)で、服装の悩みから解放されるので、「毎シーズン出費がかさむ」といった悩みも解決。プライベートはもちろん、オフィススタイルもカバーしてくれるのでキャリアウーマンの方にもおすすめします。

◆平本良太
クレジットカードやキャッシュレス決済の最新情報に明るいWebライター。ファッションやグルメを中心にトレンド記事も手がける。

This article is a sponsored article by
''.