今、中国はお金があります。まぁ、国の人口が日本の10倍を越しますので、安さ勝負だと、大量生産の力で勝てます。このため彼らは、M&Aなどで日本メーカーを買います。技術を買っても、それを本当にモノにするには数年掛かります。今、世界で激烈な競争をしている中国に「待つ」という選択肢はないようです。シャープ、東芝、サンヨー。また退職した技術者を多く、自国に招きます。これが中国家電の勢いです。

テレビなど、黒モノ家電は決着済み。白モノは、昨年より本格的に日本市場に影響を及ぼし始めました。しかし、スマートフォンで世界第4位のシャオミが、白モノ家電で参入してきたのは、日本家電の魂といえる「炊飯器」でした。今回は、その炊飯器のレビューです。

炊飯器の技術の勘所

画像: 米家 IH 電子鍋 youtu.be

米家 IH 電子鍋

youtu.be

イイ炊飯器を作る場合、まず火力にこだわります。確かにヒーターで地道にする手もありますが、オーブンと違い、内釜、お米と熱が伝わる上、お手本となるかまどは「火」ですから、1000℃近い。まったく歯が立ちません。この火力確保から、炊飯器は技術はドンドンよくなります。この場合は、IHです。炊飯器第一のポイントは「IH化」です。

そして、IHの火力を受け止める、発熱量が高く、保熱力のある内釜を作ることにより、味は飛躍的に良くなりました。「特殊な内釜」が、第二のポイント。この両者が揃ったとき、いわゆる味にこだわりの「高級炊飯器」というカテゴリーが誕生したわけです。そして、今はそれだけでは終わりません。この大火力に吸水をコントロールする「圧力」技術、かまどで炊いた時に近い、「温度コントロールプログラム」を付け加えて、今の高級炊飯器は成り立っているわけです。

シャオミ MI IH炊飯器に盛り込まれた技術

シャオミ MI IH炊飯器には、どれくらいの技術が盛り込まれているのでしょうか?

製品名に「IH」とある位ですから、「IH」は確実。内釜には「厚釜」と銘が印字されています。多分、これもオリジナル。そして「プログラム」監修は、元パナソニック社員が行っています。レベルの問題はありますが、4要素の内、3要素までは入っているわけですから、ちょっと期待しまいます。

売価は、9,999円(税抜)。「これが中国市場で頑張っているメーカーの力だ」と言わんばかりです。

似た構成で、似た開発方法を取った製品に、シャープのKS-HF10Bがあります。こちらは、かなり美味しかったのですが、市場売価:23,000円(税抜)。日本の市場でIH採用クラスに当たります。

半額のシャオミ MI IHは、日本メーカーを打ちのめす程の実力があるのでしょうか。さてその結果は?

3合を何度か炊いてみましたが、結論としては「それなり」な炊き方です。そう感じたのは、ややパサつき気味だったからです。お米は、2020年1月に近くのスーパーで購入した、庄内米「つや姫」。美味しさに定評のあるお米です。

お米の炊飯は、水を仕切る「研ぎ」と、火を仕切る「炊き」に分かれます。仕事でお米を炊く時は、分業します。そして、手間賃は「研ぎ」の方が多かったそうです。高級機種に圧力が採用されるようになったのは、お米に水分をきっちり入れ込むためです。そうすることにより、モチモチという食感になります。

ただ、面白いのは、保温機能です。基本24時間で切れます。要するに、過度な保温は、ご飯を美味しくなくするわけです。ここらへんは、活きる糧となる食事への敬意が見て取れます。

仕様は価格相応

まず、機能は、必要最低限の機能を集積した感じです。炊飯は基本炊飯だけであり、「かため」「やわらかめ」は操作できません。保温も、24時間。24時間で電源がOFFになります。注意を促しながらも、何時間でも保温を続ける日本メーカー品と違います。
また、仕様も練れていない感じがします。日本メーカーの炊飯器は、パーツ一つ一つがしっかりしており、それがガチッとハマる感じです。シャオミの炊飯器は、そういうところが頼りないです。また、コンソールの表示ライトも薄い上、色がきつめの白ですから、視認性が悪い。

日本モデルとしては、熟れていないです。日本メーカーは、どれを取っても似た使い心地です。これはある意味、やれることを全部したら似てしまったということでしょうね。それ位、操作感は全メーカー洗練されています。

また、これにはWi-Fi系の通信アンテナが内蔵されています。IoTと言えば格好は付くのですが、この価格で、そこまでIoTにこだわるのかという感じは否めません。

まとめ

IHを使っているので、日本メーカーだと2万円はする炊飯器ですが、標準で炊く限り、日本的な白米の食べ方だと物足りません。逆に、チャーハン、カレーなど、ご飯に味を付けてやる食べ方だとピッタリする感じです。ここはもう少し、日本人の食感に合わせて欲しいと思います。

ただし、価格も含め、持っているポテンシャルは大したモノと言えます。もしかしたら、日本の十八番である「炊飯器」でも、中国メーカー品が主流になる日が来るのかも知れない。そんな力を内包しているのは事実です。

◆多賀一晃(生活家電.com主宰)
企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。また米・食味鑑定士の資格を所有。オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

This article is a sponsored article by
''.