髪に関する悩みや原因は人それぞれに異なりますが大きな共通点があります。それは「血流が悪くなっている」こと。そんな人のためにおいしく・安く・簡単な料理を考案し「発毛レシピ」としてお伝えしてきました。その中の一つが「サバ缶オニオン」です。【解説】杉山巨樹(スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店センター長)

解説者のプロフィール

画像: 解説者のプロフィール

杉山巨樹(すぎやま・なおき)
スーパースカルプ発毛センター藤沢駅南口店センター長。1974年生まれ。地元藤沢市でエステサロンを経営する中で抜け毛や薄毛に悩む人が多いことを感じ、2号店として発毛サロンをオープンさせる。食を通して人々の幸せに関わりたいと、料理人として修業をしていた経験があり、現在も発毛のための食事指導を積極的に行っている。

食事を変えると発毛効果が大きくなる

私は4年前に、育毛・発毛サロンをオープンさせました。来店されるお客さまは20~70代と幅広く、男性と女性の割合はほぼ同じです。

男性は部分的に薄毛になる場合が多いのに対して、女性は全体的にボリュームがなくなってきたり、抜け毛が増えてきたりして相談に来られます。

髪に関する悩みや原因は、人それぞれに異なりますが、大きな共通点があります。それは、「血流が悪くなっている」こと。

全身の血流が悪ければ、髪の根元の毛根に酸素や栄養が行き渡りにくくなり、抜けやすくなります。

血流については、普段の食事が大きく影響します。ですから、私はマッサージや育毛剤などの頭皮のケアだけでなく、「自炊してください」とお客さまにお伝えしてきました。

外食やコンビニ飯は、野菜が少なく栄養バランスが偏りがちな上、老廃物としてたまりやすい食品添加物が含まれていることが多いからです。

私のサロンには、指先の毛細血管の状態が観察できる血流スコープがあります。これでお客さまの血流を調べると、外食・コンビニ飯の比率が大きい人ほど毛細血管の状態が悪く、薄毛や抜け毛も悪化していました。

そして、毛細血管の状態は年齢ではなく、食生活で大きく変わることも分かりました。実際に、食事内容を変えた人とそうでない人とでは、発毛効果の出方が大きく異なるのです。

サバ缶オニオンは人気レシピ

男性の中には「料理経験がないから、そもそも自炊ができない」という人も少なくありません。また、一人暮らしや高齢者の場合、材料を買いそろえてまで料理するのは気が進まないという声もよく耳にします。

そんな人のために、私はフランス料理の料理人として修業していた経験を生かして、おいしく・安く・簡単な料理を考案し、「発毛レシピ」としてお伝えしてきました。その中の一つが、「サバ缶オニオン」です。

サバ缶の製造工程では、切り身を缶に詰めて調味料を入れ、ふたを閉めてから加熱殺菌を行います。ですから、保存用の食品添加物が入っていません。

また、缶詰のふたをパカッと開ければ食べられる上、サバに含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)といったオメガ3系の脂肪酸は、血流改善効果が知られています。

そしてタマネギについては、血液サラサラ効果はもちろんのこと、食感を重視して使っています。

ほろほろと軟らかいサバの身に、スライスしたタマネギのシャキシャキ感が組み合わさることで、飽きのこないおいしさが生まれます。この辺りは、料理人ならではの私の観点といえるかもしれません。

私は自分の発毛レシピを、クックパッドなどのインターネット上のレシピサイトにも投稿していました。このサバ缶オニオンは、中でもアクセス数が多い人気のレシピです。簡単さとおいしさが支持されているのだと思います。

大人気の発毛レシピ
サバ缶オニオンの作り方

画像: 大人気の発毛レシピ サバ缶オニオンの作り方

【材料】(1人分)
サバ水煮缶…1缶(約190g)
タマネギ…1/2個
オリーブオイル、黒コショウ…各適量

【作り方】
サバ缶を適当な耐熱容器に汁ごと入れる。
①にラップをし、600Wの電子レンジで約2分加熱する。
加熱中に、タマネギを薄くスライスする。
*タマネギが厚いと辛味が増すので、スライサーなどを使ってなるべく薄く切るとよい。
②のサバ缶に③のオニオンスライスをのせ、上からオリーブオイルを全体に回しかける。仕上げに黒コショウを振って出来上がり。汁ごといただくとおいしい。

1ヵ月で抜け毛の量が減った!

このように、私はサバ缶オニオンを多くのお客さまに勧めてきました。その中の一人が、抜け毛を気にして来店した30代女性のAさんです。

初めてお会いしたときには、「筋肉量が少ない」という印象を抱きました。筋肉は血液を押し流すポンプの役割を果たすので、筋肉量が少なければ血流も悪くなります。

また、ご本人は冷え症だと自覚していました。体が冷えるのも、血流が悪い証拠です。

Aさんはシングルマザーで、二つの仕事をかけ持ちしていました。勤務先の一つは工場の社員食堂。肉体労働に従事する男性向けにボリュームたっぷりの食事を作り、同じものをまかないとして食べていたそうです。肉の脂がたっぷりで野菜が少ない、かなり偏った内容でした。

私はAさんに施術をすると同時に、簡単でいいので自炊をして、規則正しい食生活を送ること、ウオーキングで筋肉を増やすことをアドバイスしました。

すると、1ヵ月ほどで「抜け毛が減りました」と、見違えるほど明るい表情のAさんから報告がありました。

Aさんは30代でしたが、何歳であっても血流がよくなれば髪は若返ります。ぜひ、発毛サバ缶オニオンをお試しください。

(別記事:「サバ缶タマネギ」医師解説→

画像: この記事は『安心』2020年1月号に掲載されています。 www.makino-g.jp

この記事は『安心』2020年1月号に掲載されています。

www.makino-g.jp

This article is a sponsored article by
''.