依然として感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、企業では在宅勤務、時間差出勤が推奨され、全国の小中学校、高校は臨時休校となりました。ここでは、今注目の「教育×テクノロジー」という発想のもと生まれた「Edtech」サービスを中心に、自宅で手軽に利用できる無料のオンライン学習サービスをご紹介します。

新型コロナウイルスによる休校措置。
子供たちは自宅で何してる?

依然として感染拡大を続ける新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、企業では在宅勤務、時間差出勤が推奨され、全国の小中学校、高校は臨時休校となりました。ここでは、今注目の「教育×テクノロジー」という発想のもと生まれた「Edtech(エドテック)」サービスを中心に、自宅で手軽に利用できる無料のオンライン学習サービスをご紹介します。自宅で過ごす時間が長い時だからこそ、ぜひ最新のオンライン学習サービスをうまく活用して、有意義な時間にしていきたいですね。

今注目のキーワード
「Edtech(エドテック)」とは?

文部科学省は「EdTech(エドテック)」を「教育におけるAI、ビッグデータ等の様々な新しいテクノロジーを活用したあらゆる取組」と定義しています。
「Edtech(エドテック)」サービスの具体例は、オンライン講座をデバイスで受講すること、プログラミング等をブラウザ上で完結させインタラクティブに学習すること、学校の教室で遠隔授業をオンラインで受講することなど、多岐にわたります。

経済産業省
学びを止めない未来の教室

「学びを止めない未来の教室」では、無料で利用できるEdTechサービスがまとめられています。
紹介されているサービスは、一般的な家庭学習から、英会話、サイエンス動画教材など多岐にわたります。

カドカワ/ドワンゴ
N予備校

「N予備校」では、3月1日よりすべての教材とオンライン授業が、誰でも無料で使用することができます。
大学受験用コースは、「ベーシック」「スタンダード」「ハイレベル」に分かれており、習熟度に合わせて受講可能です。大学受験コース以外にも、プログラミングコースや、webデザインコース、ものがたり創作授業など、多彩なコンテンツが充実。

ベネッセ
進研ゼミ

「進研ゼミ」では、3月2日から23日まで、3学期の学習の総まとめができる小中高向け「春の総復習ドリル」を学年ごとに無償配布中。
また出版社9社と映像提供会社3社からのご協力も得て選び抜かれた約1,000冊の書籍および動画(またはビデオ、番組)が自由に閲覧できる「電子図書館 まなびライブラリー」も同時に開放。

Gakken
家庭学習応援サイト

「学研」では、子どもたちの家庭学習への不安解消と学力維持のために、【Gakken家庭学習応援サイト】 を3月2日に立ち上げ、学習コンテンツを公開中。対象学年は小学生~高校生。

ヤフーきっず
おうち学校

子ども向けポータルサイト「Yahoo!きっず」では、小学1年生から6年生の子ども向けに、子ども向け検索機能で宿題の内容について調べたり、動画や写真で教科を勉強したりできるコンテンツを登録不要・無料で提供しています。

tanQ
オンライン授業

ゲームで学ぶ 探究型通信教育を行う「tanQ」では、3月2日〜20日の期間限定で、平日10:00〜17:00 オンライン授業を実施中。費用は無料で、受講制限なしで活用できる。公式サイトでは1日ごとの時間割を確認することができる。

まとめ

学校がお休みの小中高生のみなさんのみならず、大人のみなさんも、この機に新しい知識やスキルを吸収してみてはいかがでしょうか?

画像: 今注目の「Edtech(エドテック)」とは?新型コロナで休校中の子供向け無料学習サービスまとめ
Apple
iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB)
▼10.2インチRetinaディスプレイ▼A10 Fusionチップ▼Touch ID指紋認証センサー▼8MPバックカメラ、1.2MP FaceTime HDフロントカメラ▼ステレオスピーカー▼802.11ac Wi-Fi▼最大10時間駆動するバッテリー(Amazon)

This article is a sponsored article by
''.