新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対策として、東京をはじめとした7都府県に緊急事態宣言が出されました。その他の道府県においても、小中高校の休校やテレワークが推奨されています。自宅から出ない生活が続くと、大人も子供もストレスが溜まる一方。そこで今回は、自宅で楽しく時間を過ごすための、無料配信動画サービスをご紹介しましょう。スタジオ・ヨギーやコナミスポーツクラブといったヨガ・ワークアウト、YouTubeの東京国立博物館、ニコニコ美術館の江戸東京博物館といった美術館・博物館、ディズニーリゾートや旭山動物園などのエンターテインメント施設も、動画を配信しています。また、経済産業省の学びを止めない未来の教室、カドカワ/ドワンゴのN予備校、ベネッセの進研ゼミといった自宅学習サービスをまとめてみました。(2020年4月7日更新)

ヨガ・ワークアウト

LAVA
「ご自宅でヨガを」

ホットヨガで有名なLAVAが、オリジナルのヨガプログラム動画を無料配信しています。

初級用と中級用のダイエットヨガプログラムは、LAVAの人気レッスン。それぞれ60分もあって運動量も多く、思い切り体を動かしたい人にはピッタリ。そのほか、10分でできる筋膜リリースのプログラムも3種類提供されています。

また、YouTubeライブによるレッスン動画の配信も予定。4月だけでも11レッスンあるので、凝り固まった体をほぐすのに活用したいですね。

スタジオ・ヨギー
「通わないヨガクラス」

スタジオ・ヨギーと動画マガジン「ルトロン」と共同制作・販売するヨガのレッスン動画「通わないヨガクラス」を無料配信。

テーマ別のプログラムは、いずれも初心者が自宅で安心して体験できるよう、わかりやすい動きの映像で進行。本当にヨガスタジオにいるような、40分間のフルレッスンを体験できます。

メニューは、「疲労回復」「デトックス」「マタニティ」「ゆがみ改善」「ストレスフリー」「産後ヨガ」など。

コナミスポーツクラブ
「コナミメソッド」

子供の体操教室から、大人のフィットネスジムまで手がけるコナミスポーツクラブが、長年蓄積した運動に関するノウハウを動画にして公開しています。

例えば「腰痛対策メソッド」では、ストレッチから筋力トレーニングをわかりやすく紹介。また、太ももや二の腕など、やせにくい部位を効率的に引き締めるエクササイズも魅力的です。

特筆すべきは、子供の鉄棒やマット運動のコツが動画で解説されている点。苦手意識を持たず、楽しく体を動かせる工夫が詰まっています。「教え方」も紹介されているのがポイント。親子で視聴して、実践したいプログラムですね。

JOY SAUND(ジョイサウンド)
「音楽に合わせて運動不足解消」

カラオケJOYSOUNDを展開する株式会社エクシングは「健康促進」と「エクササイズ」を目的とした動画を無料公開しています。

曲が流れるとともに、画面にはお手本の人が体操をしています。それに合わせて体を動かすというシステム。「脳もトレーニング」や「膝・腰・肩の痛みに」、「基礎代謝UP!」など、目的別のコーナーからコンテンツを選びます。「膝・腰・肩の痛みに」のプログラムに、「いい日旅立ち」や「幸せなら手をたたこう」など、意外な曲名が並ぶのもおもしろい!

曲に合わせて歌いながら全身を動かす体操や、イスに座ったまま行う体操、手指を使った頭の体操まで、老若男女が楽しめるコンテンツがそろっています。

それぞれ3分から5分程度の短時間で行えるため、テレワークの合間のリフレッシュに最適。何曲も続ければ運動不足解消やストレス発散にもなりますし、家族みんなでやればコミュニケーションにも活用できそうです。

美術館・博物館

YouTube
「東京国立博物館」

臨時休館している東京国立博物館(東博)が、本来開催されているはずの特集展示の様子をYouTubeで公開しています。東博が公開したのは、特集展示「おひなさまと日本の人形」、「朝鮮王朝の宮廷文化」、「仏涅槃図」2作品の比較と「国宝 十六羅漢像(第二尊者・第十四尊者)」。

公開されたYouTubeでは、それぞれの担当研究員が、見どころを紹介。解説を聞きながら鑑賞することができます。

ニコニコ美術館
「江戸東京博物館」

「ニコニコ美術館」は、専門家による解説つきで展示会場内を練り歩く生放送番組。全国の美術館・博物館の休館を受けて、株式会社ドワンゴが休館中の館に対し、「ニコニコ美術館」を無償で実施する方針を発表しました。番組制作•配信費用はすべてドワンゴが負担するとされ、現在、30を超える美術館から問い合わせが来ており、スケジュールが決まりしだい、順次配信されるようです。

中止になった展覧会のネット開催第一弾、江戸東京博物館「江戸のものづくり列伝」を皮切りに、三菱一号美術館「画家が見たこども展」、国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」、京都国立近代美術館「チェコ・デザイン 100年の旅」などが続いています。

Google ストリートビュー

「Google Arts & Culture」に登録されているミュージアムなら、ウェブ上で館内、あるいはコレクションを閲覧できます。ここでは、休館している美術館のなかから、ストリートビューで見られる館をピックアップしました。

東京国立近代美術館

国立西洋美術館

東京富士美術館

京都府立堂本印象美術館

三重県立美術館

福岡アジア美術館

国立民族学博物館

レジャーランド・動物園

東京ディズニーリゾート

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのショーにスポットを当てたスペシャル動画の数々。まるで目の前で繰り広げらているような美しい映像に、心が洗われます。

旭山動物園

誰もが一度は行ってみたいという、北海道の旭山動物園。人気の秘密は、動物のありのままの行動や生活を見ることができるところにあります。そんな旭山動物園の動物達を24時間ライブ視聴できる動画配信サービスが、「Live Zoo In あさひやま」。動物たちの生態を定点カメラ、追尾カメラ、動物目線カメラで見ることができます。

自宅学習

経済産業省
「学びを止めない未来の教室」

経済産業省が無料の学習サービスをまとめたサイト。一般的な家庭学習から、英会話、サイエンス動画教材など多岐にわたります。

カドカワ/ドワンゴ
「N予備校」

「N予備校」では、3月1日からすべての教材とオンライン授業が、誰でも無料で使用可能。習熟度別に学べる大学受験コース以外にも、プログラミングやwebデザインを学ぶコースなど、多彩なコンテンツが充実しています。

ベネッセ
「進研ゼミ」

「進研ゼミ」では、3月2日から23日まで、3学期の学習の総まとめができる小中高向け「春の総復習ドリル」のPDFを無料でダウンロードできます。高校1年生にはリスニング用の音声データも提供。
同時に、進研ゼミと出版社が厳選した約1,000冊の書籍と動画を自由に閲覧できる「電子図書館 まなびライブラリー」も開放しています。

Gakken
「家庭学習応援サイト」

学研では、小・中・高校生向けに学習コンテンツを無料提供しています。小・中学生向けには授業動画だけでなく、名作童話や学習まんがなども公開。高校生には難関大対策映像講座「学研プライムゼミ特別講座」からお勧めの6講座・30コマを厳選、期間限定で無料配信しています。

ヤフーきっず
「おうち学校」

「Yahoo!きっず」では、小学生向けに動画や写真で学習するコンテンツを登録不要・無料で提供しています。教科の勉強だけでなく、調べ学習や工作、料理、運動など多彩なコンテンツが満載です。

まとめ

自宅にいながらにして、気持ちよく体を動かしたり、臨場感あふれる美術作品や動物を間近に見られたり、学習のフォローをしたりするサイトをご紹介しました。本格的なスポーツシーズンの前に、室内で体を動かして整えておきましょう。また、美術館や動物園が再開したあかつきには、ぜひ現地に足を運びたいものです。ゲーム感覚の学習コンテンツも豊富なので、親子で楽しむのもいいですね。

This article is a sponsored article by
''.